2013/03/05

チャップリンの映画音楽CDまとめ

 チャップリンが作曲した曲としてスマイルとライムライトが有名であるが
正確に言えばこれらしか取り上げられていないのが現状である。
 他にもいい曲がたくさんあるのに…と納得がいかないのでまとめてみた。

・街の灯~チャップリンに捧ぐ
演奏: ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団
指揮: スタンリー・ブラック
オケによるアレンジでは一番お勧めであるCD。
曲目はチャップリンレビュー以降。
余談だが初めて買ってもらったCDなので思い入れが深い。

・チャップリンの映画音楽
演奏: ベルリン・ドイツ交響楽団
指揮: カール・デイビス
フィルムコンサートを行うカール・デイビスによって編曲されたもの。
他は大なり小なりアレンジが加えられているがこれは映画そのまま。 
2013310a.jpg
2005年のフィルムコンサートで彼のサインをもらっちゃったりとかしちゃったりして。


・Charlie Chaplin: The Essential Film Music Collection
演奏: シティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラ
指揮: カール・デイビス 
こちらもカール・デイビスによるものだが上のものと違いアレンジを加えている。
1.巴里の女性、キッド、・サニーサイド、犬の生活、ライムライト・のメドレー
3.給料日
14.犬の生活、モダンタイムスのメドレー
がとくに注目すべき曲。巴里の女性を取り上げているのはこれしか聞いたことがない。

2枚目はミューチュアル時代の作品にカール・デイビスが作曲した音楽。
チャップリン・ザ・ルーツに使われたのはこのVerだからなじみがあるのでは?

・チャップリン・フィルム・ミュージック・ベスト・セレクション
演奏:ミッシェル・ビラール・オーケストラ
指揮:ミッシェル・ビラール
おそらくTVで聞き覚えがある音楽であろう。ファースト・ナショラル以降からの選曲。
コミニカルでありいかにもTVでよく使われそうだがスタンリー・ブラックと比べると軽い。

・ラブ・チャップリン
ザ・フューリーズ
これまでと違い歌をまとめたCD。歌い手はチャップリンと半々。奇数曲がチャップリン。

・チャーリー~オリジナルサウンドトラック
ロバート・ダウニーJr主演の伝記映画「チャーリー」のサウンドトラック。
7. Salt Lake City Episode (街の灯の除幕式とボクシングシーン)
13. Smile
がチャップリン作曲。

・スマイル~ザ・ミュージック・オブ・チャップリン
ウォルター・ラング・トリオによるジャズピアノ。
おしゃれな雰囲気に仕上がっている。

・ライムライト~チャーリー・チャップリン愛の音楽集
トーマス・ベックマン
チェロの独奏。チャップリンが作曲したチェロ曲が入っているのはにくいというか当たり前と言うか。
原題はこれ以上ぴったりなものはない"OH!THAT CELLO"
なーんでこんなくさい邦題にしたのか…

その他「チャップリン~マイトリュビート」というドキュメンタリーでは一日の行楽とのらくらを聞ける。
また'a musica de chaplin'も一日の行楽やのらくら、犬の生活など選曲がいいのだが未購入である。

 チャップリンといえば冒頭で挙げた二曲が有名だがこれだけ聞けばイメージが変わること間違いなし。
個人的にしっとりした雰囲気よりにぎやかな曲調が好みなのでもうちょっと給料日や一日の行楽など
短編の曲も取り上げて欲しいという感想を持っている。
 
スポンサーサイト
2012/10/15

リトルニモについて2~人物まとめ

Google.jpg
Googleロゴが夢の国のリトルニモ連載開始107周年によりデザインしたものになった。
ウィンザー・マッケイの漫画も100年以上前とは思えない素晴らしい出来であるが日米アニメ史的に重要な1989年版も忘れてはならない。
…とかなんとかこじつけて途切れていたリトルニモについての記事を再開する。
今回は人物のまとめ、早い話が羅列である。しかしながら本作のすごさをてっとりばやく実感できるのはこの方法であると信じている。

・藤岡豊
リトルニモ騒動の張本人。
『巨人の星』『ルパン三世』のプロデューサーで東京ムービーの社長。
世界に通用するアニメを目指しテレコムを創設しリトルニモを製作。
プロデューサーとしてクレジット。
なおリトルニモの次回作は竹取物語を題材にし黒澤明に監督を依頼していたがリトルニモ以上にグダグダであったとのこと。

・大塚康生
日本におけるアニメの創生期からのアニメーター。藤岡豊に誘われ本プロジェクトに参画。テレコムアニメーターの初期育成を月岡貞夫から引き継ぎ担当。
ストーリーボードとしてクレジット。
一連の顛末を書いた『リトルニモの野望』は一級の資料。というよりこれしかまとまったものが無い。
彼のイメージボードは『野望』では行方不明とされているがDVD付属のパンフレットに一つ掲載され知恵る。

・マックス・フライシャー
『ガリバー旅行記』や『バッタ君町へ行く』で有名。1975年にフライシャースタジオをアメリカ上陸の足がかりとして選び交渉。
アニメーターの育成のためかただの打診だったのかは不明。

・月岡貞夫
『北風小僧の寒太郎』などで知られる大塚と同じく創世記からのアニメーター。
テレコムのアニメーターの初期養成を担当。
パイロットフィルムを二本製作(1978年、1989年)前者は去年せたがや未来博にて放映されたものでパルコCMとは関係ないらしい。
後者はTV版とされるがまったく詳細不明。

・宮崎駿
ご存知ジブリの重鎮。初監督の『カリオストロの城』はリトルニモの準備のために製作された。
当初からリトルニモを題材にすることに反対し代替案として『風使いのヤラ』や『もののけ姫』などを提案するが却下され退社。
CIMG1847.jpg
宮崎駿のイメージボード『野望』より

・高畑勲
同じくジブリの重鎮。『カリオストの城』の次回作として『じゃりん子ちえ』を監督。本作では日本側演出であったが脚本代替案をカーツに拒否され退社。
カーツとの会談内容は公表できない、とのこと。

・近藤喜文
『耳をすませば』監督。1984年版パイロットフィルムを監督した後テレコムを退社。
画集『近藤喜文の仕事』に数多くのコンセプトアートが一章割かれて掲載されているが未確認。
彼のパイロのイメージは本編冒頭に転用されている。近藤・友永版パイロットフィルム
CIMG1848.jpg
近藤喜文のイメージボード『野望』より

・山本二三
『もののけ姫』美術監督。本作では美術としてクレジット。DVDには彼のイメージボードが数多く収録されている。

・友永和秀
アニメーター。『カリオストロの城』冒頭のカーチェイスなどで有名。
デザインとしてクレジット。
1984年版パイロットフィルムの作画を担当。
ごく初期に描かれた彼のキャラ設定が最終的に決定稿となる。
CIMG1849.jpg
友永和秀のキャラクター設定。『日本漫画映画の全貌』より

・フランク・トーマス、オーリー・ジョンストン Frank Thomas,Ollie Johnston
ナインオールドメンとして有名なディズニーの古株アニメーター。1981年アニドウの講演会のために来日した際藤岡が交渉し顧問を務める。 
1982年夏に大塚、高畑、宮崎、篠原征子、近藤喜文、友永和秀、富沢信雄、丹内司丸、山晃一、田中敦子、竹内考次計11名を対象にアメリカのアニメーションを理解するための研修会を開く。
ディズニーのアニメーターたちが数多く参加したのは彼らによるものか?『もう10歳若ければ得意のシーンを担当した』とまで言うほどまでに最後まで尽力した。

・ジョージ・ルーカス George Lucas
『スターウォーズ』監督。初期にTMS・ルーカスフィルム連名の企画書が出回っていたことから最初は携わったと思われるが多忙のため下記のカーツを推薦し降りる。

・ゲイリー・カーツ Gary Kurtz
本作のアメリカ側プロデューサー。彼の指揮方法はウォルトを模したものであったが『ダーク・クリスタル』の片手間にしかリトルニモに関わってないことのも相まって反発を買う。
初期の製作が遅れた一端を担ったものと思われる。
彼が1983年に降りた際当初のアメリカ側スタッフも全員降りた。

・レイ・ブラッドベリ Ray Bradbury
「華氏451度」などで知られるSF作家。初期の脚本を担当しストーリー構成としてクレジット。彼の特徴がはっきりしているともカーツの影響が見られるともいわれる。スプリクトがSubterranean Pressから今秋出版されるとのこと。

・アンディ・ガスキル Andy Gaskill  
AtoZによれば1973年にディズニーに入社。リトルマーメイドの美術、トレジャープラネット、アラジンの美術監督。『カリブの海賊のイメージプランナー』とも言われるが詳細は不明。
本作では初期アメリカ側演出であった。カーツが降りる直前近藤とともに絵コンテを描くが彼に反発し降りる。

・ロジャー・アレーズRoger Allers
『ライオンキング』『マッチ売りの少女』の監督。当初の演出候補。 


・ジョン・ラセター、ブラッド・バード
ピクサーの創設者たち。ディズニーで行われた『カリオストロ』の上映会で当時新人であった彼らが衝撃を受ける。
製作のためアメリカに滞在していた宮崎と知り合い『千と千尋の神隠し』の全米公開や『トイストーリー3』へのトトロ出演などで知られる交流につながる。

中断以降

・フランク・ニッセンFrank Nissen
カナダ出身のアニメーター。後にディズニーに入社『くまのプーさん はじめまして、ランピー! 』などを監督。

・メビウス Jean Moebius Giraud
フランスの漫画家。世界中に影響を与え日本でも宮崎駿や大友克洋、鳥山明なども同様。「コンセプチュアルデザインConceptual Desgin」、ストーリー構成としてクレジット。
本作のために描かれたコンセプトアートのなかで彼のものはネット上でもっとも見られるものである。
宮崎とはお互いのファンであったがすれ違いで一緒には仕事をしていない。
・アラン・アルドリッジ Alan Aldridge
オルドリッジとも表記。イギリスのイラストレーター。サイケな画風でありビートルズのジャケットデザインなどで有名。

以上三名はコンセプト担当だが知名度優先で指名されたとされる。

・出崎統
アニメ監督。代表作は『エースをねらえ!』『あしたのジョー』など。1987年版パイロットフィルム監督を担当。
藤岡は当初宮崎、高畑、出崎の三人体制を組もうとしたとされる。http://www.nicovideo.jp/watch/sm9471498

・クリス・コロンバスChris Columbus
ハリー・ポッターシリーズの監督。脚本としてクレジット。

・ウィリアムTハーツWilliam T "Bill" Hurtz
フランクやオーリーと同年代のアニメーター。『白雪姫』の「重要なパート」を担当した後UPAに移る。
フランク・オーリーの推薦で最終的なアメリカ側監督となる。

・波多正美
サンリオの監督。『シリウスの伝説』『妖精フローレンス』などを監督し日米合作の経験を買われ最終的な日本側監督となる。

・ケン・アンダーソン Ken Anderson
ディズニーのアニメーター、イマジニア。本家ディズニーランドに携わったことで知られる。「ストーリースケッチ」としてクレジットされるがどの程度関わったかは不明。

・グレン・キーン
ディズニーのアニメーター。 
『日本漫画映画の全貌』にメビウスや近藤喜文、宮崎駿のストーリーボードと並んで彼のスケッチが掲載されているがその意図は不明。
CIMG1846.jpg
グレン・キーンのキャラスケッチ『全貌』より

・シャーマン兄弟 The Sherman Brothers
『メリーポピンズ』や『スモールワールド』の作曲で有名。
主題歌の作曲を担当。DVD付属のメイキングに弟が出演。あまり本編自体にはかかわりが無い。


…と日米英仏と各国にわたりアニメ関係者のみならず作家や漫画家、イラストレーターと多岐にわたるなんともすさまじい陣容であるのがお分かりいただけたであろうか。
ディズニーのスタッフが大勢関わっておりwikipediaに実質ディズニー作品呼ばわりされるのもわかる気はする。
もしも当初のもくろみ通り完成していたらまた別の意味でアニメ史を変えたのではないかと思いたくもなる。
次は時系列をまとめる、つもりである。
2012/10/14

チャップリン・ザ・ルーツ

鉄道の日に鉄道を更新しないのはさておき、9月下旬はチャップリン尽くしであった。16日に上野で生活弁、先週まで銀座テアトルで弁士と声優の活弁付が流れていたからだ。
チャップリンは小学生のころ独裁者を見てからの付き合いなので行くしかないっしょと突撃してみた次第。

・声優口演@上野不忍池水上音楽堂
羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一が生で活弁する企画。作品は『泥棒を捕まえる人』『霊泉』『午前一時』の三本。
羽佐間、山ちゃんは2007年の渋谷でも活弁をしていたので二回目であった。(羽佐間・戸田恵子がキートンの探偵学入門、山ちゃんが犬の生活)
『泥棒を捕まえる人』は『チャップリン上』でデイヴィット・ロビンソンが「のちのインタビューで彼はキーストンコップの一員として何本か出演しているが確認されたものはない」とされたものであろう作品でとくに全体的に面白いというわけでもないが生演奏とあいまってしばしば笑い声が上がる。チャップリンが現れた瞬間湧くのはやはりチャップリンゆえか。
最初のトークの若本の地声が聞きなれたものとかけ離れていたので違和感を覚えたが『霊泉』の口上でいつもの若本節になりアナゴさんだー!副社長だー!となり興奮。羽佐間チャップリンと若本キャンベルの掛け合わせが非常に楽しい。
そして『午前一時』は山ちゃんの独檀場!口上を若本の物まねで始め観客をがっちりつかみあとは猛進撃!作品自体もチャップリンの一人芸であるのでぴったりだが伝記映画でもチャップリンを吹き替えていたので専任と称してもいいのではなかろうか。
のちの銀座でも同じ作品を見て感じたのは生って違うねホント。会場の湧き方が実に心地よい。若本の口上で湧いた嬌声は何か違う気もするが。
・チャップリン・ザ・ルーツ
こちらは生ではなく銀座テアトルでミューチュアル、エッサネイ時代から17本を抜粋し6本のプログラムに分けて上映したもの。羽佐間、山寺、千葉、平田、杉田…自分でも知っている大御所の声優たちが集結してさらに山崎バニラや沢登翠といった本職の弁士によるものもという実に豪華な編成であった。ジャックスパロウやタイバニの平田広明はともかく特に銀魂の杉田は大御所の中でかなり浮いて見えたがむしろ新鮮さがあって楽しめた。女性陣も先の野沢にデイジーの土井、洋画の安達忍(ホーリーグレイルで聞いたことがあるような?)こんな機会でなければ見れない組み合わせ!実に豪華だ。
本来なら6000円!無理!なのだが、年末に全短編62本セットボックスで3万円なり…余計無理だ!と今4000円つぎ込んだのである。…要は寝坊して2本逃したわけでorz
各プログラムで本職の弁士とセットになっていたがそこで山崎バニラの言う弁士の「だまる技術」と声優の「話す技術」の違いを実感した。山ちゃんが上野で汗を大量に流すほどマシンガンであったのと違い弁士は間を持たせているのだ。どちらが上というより両者それぞれの楽しみがあってグッド。
エドナがグサッと毒舌キャラになってりたのは声がついたからだろうか?
改めて見返してみると当たり前だが今に多大な影響を与えているのがわかる。
ミッキーマウスとチャップリンのつながりは有名だが「午前一時」でチャップリンにこれでもかと反抗するまるで生きた家具たちは「移動住宅」のような三バカ短編まんまであることがお分かりいただけるであろう。
毎回見るハメになった『泥棒を捕まえる人』にしてもチャップリンの当て馬にされるただのキーストン喜劇というわけでなく個々の動きは今にも生きているのではないだろうか?たとえばフォード・スターリングが走る出す際にジャンプするのは漫画・アニメそのまんまでありうっかり入った泥棒のアジトから出ようとして鉢合わせになりそうになりそのままスーッと戻るのも今の喜劇で活用される動きでもある(ここが笑いが起きた個所であるような。ちなみに一番は上野でのラストでチャップリンとスターリングがこけて終幕なシーンで大野さんが「あ、こけました」)

・サイレント映画への入口になる?
この企画には自分のようなオタクだけでなく声優から知った人もいるみたいだったがいかんせ朝早いモーニングでは無理がある。(一度平日に突撃したが10人未満であった)間口を広げるためにはなんやかんやで地上波が一番だったりする。そこで声優たちが活弁をつければサイレント映画であってもゴールデンタイムに流せるではないか!そもそも最近はBSですらサイレントを流さない風潮だ。自分は散りゆく花をリリアン・ギッシュのインタビュー付でBSでみたがそのようにテレビは機会を提示する役割が本来はある。そうすれば声優→活弁→元とふれあいサイレントもメジャーになる!…はずなのだ。
2012/08/22

リトルニモについて1,概要

リトルニモという長編アニメをご存知だろうか。
小さい頃にディズニーもどきの動きをするアニメを見たというのが関の山、大体はファインディングするほうのニモを思い浮かべるだろう。
しかしこの作品は本来アニメ史に残るべきである働きをなし、しかもその肝は本編にあらず、製作過程にある点で興味深いのだ。考察はできないので羅列になってしまうがご容赦願いたい。
nemo-2.jpg
メビウスによるストーリーボード タンブラーより

・関わった人物の豪華さ
まず書かなければならないのは豪華な面子であろう。
日本側には
いわずとしれた大御所の宮崎駿、
『ほたるの墓』高畑勲、
『耳をすませば』近藤喜文、
『カリオストロの城』カーチェイス原画の友永和秀、
ルパンやプラモで有名な大塚康夫
パイロットフィルムを月岡貞夫、出崎統
一方アメリカ側には
顧問として、そして日本側メンバーに講習を施したナインオールドメンのフランク・トーマス、オーリージョンストン
プロデューサーはスターウォーズのゲイリー・カーツ、
脚本をレイ・ブラッドベリ
後のディズニールネッサンス期の作品にかかわったディズニースタジオの面々
主題歌にシャーマン兄弟、
そしてフランスのバンドデシネの巨匠メビウス
ここまで豪華な面子が一堂に揃うことは無いといっていいだろう。ただし後者二人は休止後に参加したので日本側の大部分とは直接的な交わりは無いが。

・影響の大きさ
面子が豪華ならば影響も大きい。
カリオストロの制作会社であるテレコムは日米合作による大作のために設立された会社でありリトルニモの準備として作成されたのが『カリオストロ』や『じゃりん子ちえ』といった作品である。
また宮崎駿は当初から原作のストーリーの弱さを指摘し逆にに制作候補を掲示したがその中に後のもののけ姫やナウシカの原型も含まれている。
結果としてジブリ作品もろもろを生み出すきっかけとなったといってもいいだろう。
制作当時日本製アニメは存在すら知られておらず宣伝としてカリオストロをアニメ関係者に見せていたので必然的にアニメータたちにおけるカリオストロ、ひいては宮崎駿の知名度の向上になった。『名探偵ホームズ』もこの上映会によって話がまとまった経緯がある。
ジブリとピクサーの縁もリトルニモが原因だ。先の宣伝による上映会がディズニー社でも行われたがここで当時新人のジョン・ラセターやブラッド・バードといったA119組と知り合い20年以上にわたる交流のきっかけとなったのだ。
現在迷走して評判がいまいちなラセターであるが千と千尋の神隠しの全米公開とそれに続くアカデミー賞受賞には彼の尽力を軽視はできない。
そしてフランクとオーリーは日本側の面々にアメリカ流作画の講習会を開いて教えている。『生命を吹き込む魔法』の日本語訳監修を高畑と大塚が務めたことやジアートオブ~が徳間から出版されているのはこれが発端である。
つまるところ日米アニメ、特に相反すると思われているジブリとディズニー・ピクサーがたとえ一瞬でもリトルニモをきっかけに交じり合っていたのだ。

これだけの面子と影響がありながら半分はゲイリー・カーツ、もう半分は船頭多くしてryが原因の莫大な出費と長期間にわたるグダグダによって記録的な大失敗に終わったことにより本作はかろうじて「ディズニーっぽい子供向け作品」として記憶されるに留まっている。
しかしここに書いたような本編以外のあらゆる点は注目に値する作品といっても過言ではない。とはいってもマイナーの上に黒歴史であるがゆえ言及する書籍は少ない。
そこで簡単に読める日本語資料資料(つまりまとめられるほど資料が少ないと表現できるほど少ない)のまとめとして人物、年表、影響に分割して記してゆく。

…今までのジャンルと離れているように思われるが結局関係しているわけですよ。
それと自分以外が触れていないことを見る限り自分の勝手な思い込みである確率が相当あるのでそうではないと祈るしかないわけですがそれは置いとくことにしますともええ。
2012/05/09

『アーティスト』感想&リンク追加

というわけでリンク追加
Gota del Vient
鉄道擬人化をなさるさくらだもんさんのイラストサイト。D51498やC6120といった東日本の復活蒸機を主に描かれていて蒸機派な自分にとって実にうれしいかぎり。

TRANCING NITEMARE
twitterでお世話になっているロザさんのサイト。ディズニーやアメコミの素敵なイラストを描かれる。ミスマス(こんなかぼちゃなキャラがD映画にいるはずがない)やイリュージョニスト(ジャック・タチを知った直後だったのに知らなかった…)を知った=つまりこんなごった煮状態まで趣味が広がったのはロザさんのおかげじゃないですかホントありがとうございます!

三脚檣
第一次世界大戦前の軍艦といえばこの人、な志郎さんのサイト。装甲艦については日本でも指折りな方でコミケで出される冊子は貴重なWW1資料となっているので毎回楽しみにしております。
にしてもリンクばかりが立派になっていいのかねこりゃ…
さて本題は『アーティスト』の感想である。二回目を見てからじっくり取り組もうと思った矢先にパソコン大破という普通は言い訳に使うような事態になってここまで伸びてしまったが今日こそ年貢の納め時だぜ!
盛大にネタバレどころではないので追記からどうぞ。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。