2012/05/26

SSコロンビア概説 5~コロンビアの元ネタは何ぞや?


長らく続けてきたコロンビア概説だがようやく本丸のコロンビアの元ネタについて触れる。このためにブログを開設したも同然であり一種の決算であるので数々の資料をいくつかお借りして書いてみた。長文ではあるがご容赦願いたい。
※2015年5月追記
タイタニックと思われていた写真など各部に誤りがあるので最新の記事および同人誌『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』(BOOTHにて通販中)を参照していただきたい。3年の月日は長いなあ


内装より
・セイリングデイビュッフェ内のカラースキーム
CIMG2378.jpg

公室で立ち入りできるのはダイニングルームとルーズヴェルトラウンジだがここでは前者に焦点を当てる。
ダイニングルームにパナマ運河を通過するコロンビアの絵画(ということはコロンビアのサイズはパナマックス以下ということか)であるとか会長は『美しいトロピカルなイメージをテーマにするつもり』との日記の著述により中南米のイメージということがわかる。
そこで提示したいのが内装は中南米航路の客船から取っている可能性だ。
たとえば完成する前に空母に改装された橿原丸は時局柄日本の文化を強調した「現代日本様式」でまとめられる予定でありイタリアンラインのコンテ・ディ・サヴォイアはイタリア王朝をイメージした重厚な様式であったように就航する航路のイメージを基調にすることが多いことが理由としてあげることができる。
…ここで具体的な客船を挙げることができればいいのだが、残念ながら海外の船会社の中南米航路はまったく日本語資料が無くせいぜい日本のあるぜんちな丸関連程度しかないのでまったく不明だ。そこでWW1ならこの方!である志郎さんの白鳥の戦いを参考になってほしい。ここでは仮装巡洋艦同士の一騎打ちという史上唯一のレアケースを取り上げられているがドイツ側のカップトラファルガーは当時最新鋭の南米航路船なので参考になるはず。
・天洋丸1908のカラースキーム『豪華客船インテリア画集』より  カラースキーム自体についてはまた後ほど触れる
img003.jpg
またダイニングルームはテーブルがいくつも分かれているが、これもある程度時代を特定できる要素になる。20世紀初頭までの食堂のテーブルは長机でありダイニングルームのテーブルはそれ以降となる。この長机は多数の客を収容できるが、上記の天洋丸で上座下座の問題がいつも発生したようにちょっと古色だったので改められた。よってもうちょっと新しい年代をイメージしたことを推測できる。

・カップトラファルガー1914のウィンターガーデン 白鳥の戦いより
wintergarten.jpg

最後にこれはひとつの仮説だが、ダイニングルームはウィンターガーデンもイメージしていたのではなかろうか?というのもディズニーシークロニクルに掲載されたダイニングルームのコンセプトアートでは椰子の木風な柱の葉が緑色に塗られていたりとより「トロピカル」な内装に仕立て上げられているのだ。このウィンターガーデンとは1888年竣工のシティオブニューヨークで初めて備えられた設備で、熱帯の植物を配置した温室みたいなものである。断面図を見る限り別に一等食堂はなさそうなのでまるっきりウィンターガーデンというわけではないが、当初は両者のイメージを掛け合わせていたのではないかと推測する。

要目・外見より
タートルトークの設計図
PAP_0197.jpg
ダイニングルームの要目Be myself(夏音 亜美菜さん)より引用090205.jpg
内装方面からの攻勢が非常に曖昧に終わったがここでは外見やタートルトーク、ダイニングルームで見れる上記の要目を頼りに候補を挙げてみる。ただし問題は両者の要目がまるっきり違うことだ。なんというかイマジニアさんたち仕事しろ。そりゃ何年もの差があるわけだが統一してくれたほうがうれしいです。とりあえず都合よくうまいところどりをして解釈を試みる。ちなみに前者の23、920トンで検索をかけても得体の知れない貨物船にあたったのみなのであしからず。
1,クイーンメリー RMS Queen Mary 1936 ウィキペディアより
800px-RMS_Queen_Mary_Long_Beach_January_2011_view.jpg
常識的に考えればこれ一択だろう。まずもってコロンビアの見た目はメリーのデフォルメでありディズニーが一時期所有していて本国のシー計画に組み込む予定(『参考文献wikipedia』であることからお察しください)でもあったとなればますます可能性大だ。
しかし問題がある。新しすぎるのだ。下の二隻と比べてみればわかるだろうがブリッジ前面が弧を描いているのが見える。メリーの外見を表した言葉に「ベレンガリアを流線型化したようなスタイル」というものがある。ベレンガリアとはまあタイタニックと同年代の船であり似たようなスタイルなのでそちらを参照してもらいたいが、つまりメリーは流線型時代な1920~30年代の外見であり、エドワーディアンとジャズエイジのファッションが根本的に違うのと同様にWW1前には合わないのではなかろうか。というわけで候補をほかにも挙げる。
2,タイタニック RMS Titanic 1912 ウィキペディアより
RMS_Titanic_3_20120523211400.jpg
1912年という時代を見ればまずこれ…というよりキャメロンの映画によって客船といえばタイタニックとイメージつけられている節もあるぐらいの有名船だ。ダイニングルームの要目にある総トン数はタイタニックとまるっきり同じ46,328トンであり、絵や図から読み取れる重要な点は機関がレシプロエンジンとタービンの両方が使用される複合機関であり、これが共通点だ。この複合機関はWW1前の一時期にハーランド&ウルフで建造された船のみが装備しておりこれを基準とするならば候補は非常に絞られる。…なんですけど、もしもコロンビアがタイタニックをイメージにしているとすれば処女航海は失敗に終わるわけで暗いことこの上ない。そんなものはガルガンチェアで十分だ。それにメリー以上に安直である感がプンプンしてしまい反感すら感じてしまう。よって最後にもう一隻挙げる。
3,ベルゲンランド SS Bergenland 1914,1917The Great Luxury Liners 1927-1954より
columbia1936.jpg
何だこの船は?と思われるであろうが自分もそう思う。しかしスペックを中心に見るとこの船はかなり近いのだからしょうがない。まず所有したレッドスターラインは19世紀半ばから続くアメリカの船会社であり、トン数は上の二隻よりよっぽど近い24,578トン、さらに機関はタイタニック同様レシプロ・タービン複合機関(ハーランド&ウルフ製、つまりイギリス生まれなのには目をつぶる)、おまけに年代はほぼ同じ、そして解体される前の1年間名乗っていたのは写真の通り「コロンビア」と条件は揃っている。ただしこの船とする強力な根拠はただひとつ「俺たちのディズニーがメリーなんていう有名船を元ネタにするほど安直なはずが無い」である。しかしまあメジャーなブルーリボンライナーやヨーロッパの巨船たちではなくアメリカに一般的なサイズの客船もいることを記憶にとどめてもいいと思う。

結論
ここまで見たようにネタは統一されていなく正直なところてんてんばらばらな有様なことがわかるだろう。いわゆるよく訓練されていないマニアである自分としては確固たる元ネタが存在してほしかったがそこまで現実は甘くない。
よって結論は、コロンビアは一時期保有してかつ現存して資料が豊富に存在するクイーンメリーを下敷きにしタイタニックなどの1912年付近のオーシャンライナーのイメージを掛け合わした集合体である。
われながら実にフワフワした結論である。しかし一隻の具体的なある客船をネタにするよりもこっちのほうがイマジネーションが広げられよりシーらしいのではないか、と自分を納得させてみる。

補足
結論付けてみたわけだがこれら以外にも資料はある。たとえば冒頭に挙げたセイリングデイビュッフェにはたくさん資料があるわけでカラースキームはその代表例である。カラースキームとは内装設計者が描くインテリアデザインの原案であり、つまり後付けではあるが会長直筆の可能性がある。これはカールッチビルのドアノブに次ぐ存在になるであろう。一般には知られていないカラースキームを取り上げるとは何と・・・という感慨がある。だからこそ外観は何とかしてほしかったのだが。
次回シーに突撃したならばこれらの資料を基に記事を書くかもだがコロンビア関連はここでいったん打ち止めである。需要があったかはわからんがシーのなかで目立つ存在でありながらなじみの無い客船というものを理解する一端になってくれれば非常にうれしいです。

スポンサーサイト
2012/05/19

SSコロンビア概説4~オーバーザウェイブとクルーズ


コロンビアはドックサイドステージには欠かせない存在である。セイル・オーバー・テーブルとすべてのショーの背景として君臨しており前者二つとはとりわけ密接している。
しかしコロンビアの処女航海と明確なセイルとは違いオーバーはちょっとあいまいだ。初期の航海5周年はまずもってありえなく、以降も明言はされなくなった。これはBGS厨にとって由々しき事態である。
というわけでクルーズという観点からオーバーを解読?してみようという試みを行ってみる。
1,前置き~クルーズ事情
①,WW1以前
クルーズ自体の発祥は古く1840年代の地中海航路の利用から始まった。北大西洋は冬になると荒れ渡航客が少なくなるのでその埋め合わせに行われていた。しかしこの内容は一言で表せば「素朴」に尽きるだろう。1910年に初めての世界一周クルーズに出たハバクのクリーブランドの売り文句は「電気仕掛けの乗客昇降機」「最新鋭の証明と換気設備」「汽船の安定感」…今から比べれば素朴だろう(大事なことなのでry)しかし帆船もまだ現役だったこの時期では考えられない贅沢だった、と考えるしかない。ゴールデンミッキーもショッピングセンターもないのは当たり前である。

②,戦間期 
世界恐慌のためにガクッと減ってしまい、ノルマンディみたいな新造船やブルーリボンライナーもしょっぱなからカリブ海クルーズを行う羽目になった。戦前からの韋駄天であるモリタニアもその一隻で、Dファンのコロンビア解説に載っている写真はこの後に解体されるため回航される直前の姿である(白色塗装、アンカーの錆、フォース橋をくぐるためのマストカット…にしても全盛期でなくこの時期の写真を使ったのはなぜだろう?)これらのクルーズは定員をいつもよりも制限し高い運賃を取る代わりにサービスをよくする方法をとっていた。
地中海航路は戦前からクルーズ的要素も兼ね備えており、イタリア唯一のブルーリボンライナーレックスは屋外プールを最初から備えていた珍しい存在で、食事もたとえ三等であろうとうまいと評判であった。
WW2以前これらのクルーズは一人勝ちしたアメリカ人を主体とする一部の富裕層が対象であり、現在とは違い非常に限られたものであった。この状況が変化するのが二次大戦後である。そしてめいいっぱい遊ぶというよりも避暑地に行く感覚でありゴールデn(ry

③,戦後
 戦後数年間はキュナードのクイーン姉妹による北大西洋独占であるとか最後のブルーリボンライナーでありチート野郎でもあるユナイテッドステーツ就航だとか最後の華やかな時代だったが、戦争にありがちな技術の発達により航空機が大西洋を制覇する時代になり勝負ははっきりした。そりゃ数時間VS3,4日だったらわかりきっていることであり…。
というわけでまたしてもお下がりによるクルーズが始まったがここで問題になったのは北大西洋に適した構造という点だ。エアコンはない、屋外プールはない、世界一周航路に必需なパナマ運河は幅が広すぎて通過できない…
屋外プールを備え着実にクルーズ色を強めていたインディペンデンスやアンドレアドリアを新造した地中海航路も同様で、航空機の前に滅び行く恐竜のようなものであった。
しかし絶滅すると思われた客船事業にも一筋の明かりが見えた。カリブ海大衆定期クルーズである。これまでのクルーズは不定期に行われるいわば一品物で客が予定をあわせなければならなかったが、週末の定期便を出すことにより気軽に行けるようにし利便性を強化ししかもメガトンシップと呼ばれるような巨船にすることにより単価を安くするのに成功した。クルーズの性質も航海を楽しむというより船上であらゆる遊びを楽しめるいわば動くレジャーというものに変化した。ディズニークルーズもこれに近いランクである。これにより消えたのが大西洋横断航路であった。せいぜいキュナード船が修理するためにヨーロッパの造船所に行くついでのクルーズぐらいだ。

2,本題~オーバーはいつごろだ?
さてようやく本題のオーバーの時代特定(ぶっちゃけこじつけ)に入る。
アメフロの基本設定である1912年は上記のようにまだしも初期の5周年はまずもってありえない。さすがのアメリカも戦争中にクルーズを行う余裕は無い。よってWW1以前は却下。
次に戦間期だが客層から疑問点がつく。だってティムスーあたりが富豪に見えるかといわれても…中流あたりがぜいぜいだろう。クルーズの内容も書いたとおりトロピカルパーティやみたいに派手ではない時代でちと疑問点がつく。
ここで残ったのが戦後だ。ここが一番しっくりくるだろう。現代のクルーズに近づきつつありながらノスタルジー分も補給できる。現代のクルーズに密航は合わないし時代的にもトニマリの衣装移民事情エトセトラがつじつまあわせできる瀬戸際ラインでもある。それにコロンビアのクルーズにあわせるための近代化改装とかUSスチームシップ(いい略語は無いものか。USSだったらアメリカ海軍の接頭詞になってしまうし)関連も結び付けられてますますよろしい!
というわけで個人的にオーバーは戦後1950年代あたりが妥当ではないか、という結論で締めで。1912年じゃない?ジャズエイジなBTMや3月20日処女航海なコロンビアと9月4日ツアー開始のタワテラと転々ばらばらなアメフロで何をいまさら…である。なによりさまざまな時代が同居していれば妄sゲフンゲフン想像にもプラス、ケースバイケースでいいのでは?

追記よりこの設定による妄想。あまりオススメはできない。

続きを読む

2012/05/09

『アーティスト』感想&リンク追加

というわけでリンク追加
Gota del Vient
鉄道擬人化をなさるさくらだもんさんのイラストサイト。D51498やC6120といった東日本の復活蒸機を主に描かれていて蒸機派な自分にとって実にうれしいかぎり。

TRANCING NITEMARE
twitterでお世話になっているロザさんのサイト。ディズニーやアメコミの素敵なイラストを描かれる。ミスマス(こんなかぼちゃなキャラがD映画にいるはずがない)やイリュージョニスト(ジャック・タチを知った直後だったのに知らなかった…)を知った=つまりこんなごった煮状態まで趣味が広がったのはロザさんのおかげじゃないですかホントありがとうございます!

三脚檣
第一次世界大戦前の軍艦といえばこの人、な志郎さんのサイト。装甲艦については日本でも指折りな方でコミケで出される冊子は貴重なWW1資料となっているので毎回楽しみにしております。
にしてもリンクばかりが立派になっていいのかねこりゃ…
さて本題は『アーティスト』の感想である。二回目を見てからじっくり取り組もうと思った矢先にパソコン大破という普通は言い訳に使うような事態になってここまで伸びてしまったが今日こそ年貢の納め時だぜ!
盛大にネタバレどころではないので追記からどうぞ。

続きを読む

2012/05/06

パソコン復活&リンク追加

 週一更新のはずがちょっとサボったらパソコンが大破してこのざまだよ!というわけで4週間ぶりにこんにちは。再セットアップをする羽目になりましたが私は元気です。無事にデータを外付けにすべてぶち込めたしデスクトップはすっきりしたので逆に快適ではあるし。

 ともかく本日はコミティア100であったが今回はまるでコミケのような空気が流れていて非常に違和感があった。あのまったりとした中をあてもなく散策するのが楽しいのに…。おまけにスペースが拡大して毎度おなじみ諭吉樋口野口の愉快な大脱走がまったく愉快でなくなるほどの被害をこうむったのが実に痛い。比較するならスターリングラードとベルリン攻防戦みたいなもの、つまり大損害ってことには変わりないね☆
 収穫品で主だったものはロザさんがおっしゃっていたオツベルと象(あのオツベルが女の子!性転換物ではない)や姦飲料(18禁ではない。人ではないしね…やっていることは普通のエロと同じなのに姿かたちは原型そのままなので一等級のギャグに仕上がっているのでオススメ)舞浜&ギミックさんのもろもろ(最近の技術はさっぱりなのでためになる)といろいろあったがまだ整理していない。明日はLTSなのにいいのかねこれで…
 
 And Now,このブログで初めてのリンクをさせていただく。
 
TROOPINGOUT
 コミティアで第一次世界大戦物を描かれていらっしゃる古屋さんのブログ。前回は塹壕の軍用鳩を狩る鷹匠を、今回は工場からルノーFT戦車を前線に輸送する女性工員を主人公にしており、オアシスみたいな存在です。いやだって塹壕戦は西部戦線異状なしやザ・トレンチで有名なように鬱にもほどがあると頭を抱えたくなるし、空や海はまだましだけどWW2みたいに娯楽作品が出るほど総数が多くはないからほのぼのとした作品を描いてくださってありがたいですホント。再来年は開戦100周年なので書籍が出て欲しいと切実に思ふ。翻訳される数は少ないだろうけど…

 …にしてもミリタリーな話題をいまだびた一文書かないでその上異端とも言える趣味を主題にしているここがリンクしてもいいのかなこれは?