2016/05/08

colos Expo 2016 お礼と展示の紹介

DSC_0091.jpg
↑今回のスペース。一人だけ即売会スタイルで浮いていた気がしないでもない。

本日開催のcolos EXPO 2016の当スペース「寝古鉢鉄工所」にお越しいただきありがとうございました。おかげさまで今回頒布した『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』『東京ディズニーシー実用的ではないガイド(仮)』、双方が全て持ち込んだ分が捌けました。これまでの在庫分では足らず清水の舞台から飛び降りるで増刷をかけましたが逆に足らない始末で申し訳ないです。

LT『船好きから見たS.S.COLUMBIAの魅力』も課金延長する気満々でしたがまさか5分で終わるとは思っても見ませんでした。この短時間に収めるためいささかどころではなく詰め込みすぎた感はありますが、コロンビアの魅力の一端を伝えられたらと思います。ディズニーのテーマパークは「ディズニー以外」の視点でも相当楽しめる場なんです。

展示書籍の紹介
ブースのサイズがせいぜいビッグサイト程度とぐらいと思いきや2スペース分だったので急遽穴埋めに持ってきた展示書籍をご紹介。WDI本はもちろんのこと客船の書籍もこれを機会に読んでくれたら幸いです。

CIMG6576.jpg
・Walt Disney Imagineering
毎度お馴染み、ことあるごとに宣伝している"WDI本"がこれ。
構想から建設までパークを作り上げるイマジニアリングを語るならばこれがなければ始まらない。翻訳が出る見込みはまあ薄いのでさっさと買ってしまいましょう。お値段は入園料とほぼ同じだけど一回インするより体験価値はよほど向上しますぞー!!!
・・・・・・D23EJの物販あるいはパークでサンプルとして置いていればこんなデカブツを毎度動員するまでもないのだがなあ。

CIMG6579.jpg
『豪華客船スピード競争の物語』
タイタニックのエンジン
↑翻訳者粟田亨氏のホームページ。本書の内容の紹介なので参考に。
船を走らす機関「のみ」を取り扱う趣味書は出版されたイギリスでも珍しく、ましてや日本では皆無なので翻訳が出ただけでもう奇跡といってもよい一冊。パークには本書からの出典の図面や写真が複数(例えばタートルトークの「フーサトニックの断面図」はファーターラント)見られるのでこれをはずさないわけが無い。

CIMG6577.jpg
The First Great Ocean Liners in Photographs:1897-1927
The Fabulous Interiors of the Great Ocean Liners

前者は第一次世界大戦前後、つまりコロンビアのモデルとなった時期の客船を、後者は客船のインテリアだけを題材にした写真集。
日本において客船趣味はマイナージャンルであるけれどもアメリカでは豪華本からペーパーブックまで多種多様な書籍が販売選択肢が豊富にそろっている。William H Millerによるこのシリーズは写真が大判で掲載、かつ大変リーズナブル(大抵の場合中古で1000円ぐらい)なのでオーシャンライナー入門としてうってつけ。

CIMG6578.jpg

横浜みなと博物館企画展『豪華客船インテリア画展』図録
セイリングデイブッフェに飾られるダイニングのカラースキームの参考として持参。本当は『豪華客船インテリア画集』を持ってきたかったがWDI本以上の図体で無理だったのでその代理。


・お礼と感想
※帰って勢いで書いたので書き直すかも。
CIMG6574.jpg
↑LTに聞き入る来場者。120人を超えたとか。
DSC_0098a.jpg
↑展示・物販コーナーの様子。

お互いの「好き」を発表して交流する、ejよりも“EXPO”なアルティメットディズニーファンイベント
プーやのひとりごと79 - 舞浜横丁


何はともあれLTに聞き入り、展示に見入り、アトモスに笑い、そして同志と交流する、そんな素敵な場を提供してくれた主催者の皆様にお礼を言いたいです。ディズニーは巨大ジャンルながらもファンからの発信の機会が非常に少なく、こうして積極的になれるまさに“EXPO”なイベントを一日堪能できたことは幸せなことです。

「知らなかったそんなの…」とこぼす他無いSeinaさんによる絵画に関するLT、まるで開園時のディスカバリーギフトかと思わせるいちくわさん・くわばらさんの展示などなどLT、展示を見ると人の好みは十人十色であるとつくづく実感します。どれも自分では思いもよらないものばかりでそれを楽しめる、これぞイベントの醍醐味でしょう。
そしてもちろん我がスペースにいらした方に限らず様々な方との交流。120人もいらしたわけですからもちろんごく一部だけですがお話できて楽しかったです。

ただ展示と交流に重きを置いてLTをかなり取りこぼしてしまったのが残念。本家のD23も全ての企画を見るのは無理で端から捨てにかかるしかないと聞くので、まあ、その疑似体験だと思って納得するしかあるまい。



・いろいろぶっちゃけた感想

EXPOとは、ただプレゼンテーションやショーを鑑賞する場所ではありません。
ファンが自分の好きなディズニーを見せ、交流する場所です。
でも、LTだけでは表現しきれないこともあるでしょう。
colos EXPOでは、展示・物販コーナーが登場します。
模造紙で発表したり、自作アイテムや同人誌を販売したり、要らないグッズのフリーマーケットしたり…
あなたの好きなディズニーを好きな形で広げましょう!
展示・物販コーナー - colos EXPO 2016



今回のイベント、ある意味ディズニーオンリーですよね?まあ同人誌の頒布は自分ひとりだけだったけど、ディズニーをピンポイントで排除する即売会が圧倒的に多い中上記のようにはっきりディズニーの同人誌を明言したのはここぐらいですよ!いや同人誌ばかり強調しているけどグッズだって皆さん素晴らしいものばかりでした。特に本イベントのデザイナーであるやさいさん製作の名札シールやストラップは見事です。

オンリーとは同人誌のやり取りのみに留まらずファンの交流イベントなのだから今回のイベントをディズニーオンリーと受け取っても構わないでしょう。2009年のファイアボールオンリー、今週開催されたジャエルプチオンリー、今回のcolos EXPOとこうして「ディズニーオンリー」が開催されたのだから「ディズニーの同人誌は怖い・危ない・存在しない」とはとてもじゃないが言えまい。うん?どうかね?「有り得ない」と言い切るのはもっと調べてからにしたまえ。
とはいえこんなに偉そうにいえる立場ではないかもだが。本当に有難い話です。

で、本音をぶちかますともっと他の方が書いた同人誌を読みたいわけです。18禁ばかりが同人誌扱いされるけど以前から評論はいらっしゃるしコロンビア本だって立派な評論系同人誌(すくなくともそういう評価は受けている模様。有難い話です)だ。こうして「ディズニーの同人誌は危なくない」と実証したのだからもう少し盛んになってもいいんじゃないのかな。
これは決して強要するわけではなくLTや展示など素晴らしいお話がすでに形になっているのですからもう一歩、あともう一歩が欲しいのです。
公式がやらないなら俺がやる!Do It Yourself!その意味で物理的な形として残る同人誌(もちろんグッズも)はやりがいがあるのでおすすめです。


DSC_0107.jpg
↑まさか「売切」と書く日がこようとは・・・・・・。オンリーイベント恐るべし。
スポンサーサイト