2017/07/30

コミケ92参加告知

※後ほどサンプルなど更新しますので随時ご覧ください。
8月1日:いちくわさんのストームライダーグッズサンプル画像をアップ
8月10日:『密航兄妹逃走経路ノ想像』完成


参加イベント:コミックマーケット92 2日目
コミックマーケット92のご案内
C92cut.png

参加スペース:東地区 "ラ" ブロック 23b
C92catalog.jpg
↑サークル参加二回目(コミティア含めて三回目)にして初めてのお誕生日席。どうするんだこれ!?

頒布物

新刊『密航兄妹逃走経路ノ想像』
CIMG7597.jpg
目次

概要:B5版コピー本20ページ

内容:コロンビアのドッグサイドステージで上演されたオーバーザウェイブはコロンビアの船内を縦横無尽に駆け巡る楽しく、そしてDSSで上演する意義に満ちていたレギュラーショーだった。このショーについてタートルトークのキューラインに飾られる断面図やデッキプランなどを参考にして歴史を元にした想像を広げてみる。
主な内容は密航兄妹の逃走経路、各場面が船内のどこを舞台にしているのか、歴史的にどんな想像ができるか…どちらかと言えば『コロンビア本タートルトーク章拡張パック』に近い内容。

CIMG6045.jpg
PAP_0169_201707292329019b3.jpg
PAP_0144_20170729232903801.jpg
↑タートルトークのキューラインより順番に青焼き、断面図、デッキプラン。
この三枚を元に逃走経路などを想像を展開する。

既刊『合衆国汽船コロンビア号』
001.jpg
キャプチャ
キャプチャ

概要:B5版オフセット本文72ページ

内容:東京ディズニーシーにたむろする船舶の中でも一番の巨体を誇るコロンビア。アメリカンウォーターフロントの象徴であり「オーシャンライナーそのものを題材にした最高のエンターテイメント」でもあるコロンビアについてオーシャンライナーとしての特徴、バックグラウンドストーリー、実在の客船からの引用、そして製作者であるイマジニアの意図など様々な視点で考察する。

↑初版のサンプル動画。

委託
C92sample.jpg
↑グッズのサンプル。ポストカードは2種類の予定だが間に合わなければこちらの絵柄を使うかもしれないとのこと。

COMPASS POINT
↑いちくわさんのタンブラー。ストームライダーのイラストや手作りのグッズなど。

ストームライダーで活動されているいちくわさん(@198cwc)の委託もあります。

概要:ポストカード、缶バッジ、ハンカチ、不織布のトートバッグ
計4種類のストームライダーグッズ。

現状
コロンビア本は再販。誤字脱字を直してページが増えない範囲であちこち追加しました。
抜本的な改訂はイマジニアにインタビューができたら、つまり56億7千万年後に出せる見込み…要はずっと先ということですね。
前回より多めに搬入しますので前回みたいにお昼ごろに売り切れることは無いはずです。さすがに再販でバカスカ出ることは無いと信じたいところですがどうなることやら。

で、問題はオーバー本。「新刊(予定)」なのはまだ完成していないからです。絶賛修羅場中。
完成しない場合はおととし頒布した『東京ディズニーシー実用的ではないガイド(仮称)ポートディスカバリー編』に振り替えるかもしれません。これまたどうなることやら…。
※8月10日
『密航兄妹逃走経路ノ想像』完成しました。コロンビア本の改版前『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』と同様のスタイルのコピー本となりました。

メカミリだった前回と異なり今回はアニメ(その他)で申し込み。ショーの二次創作も以前からこのジャンルで見られるので考察もここで構わないだろうと申し込んでみましたら無事配置されました。
目の前で分断されているものの今回のコミケでもディズニー島が構成。ズートピアやベイマックス、アナ雪など近年の長編の他にもファッショナブルイースターやプリンセス(Instagram告知)、我がスペースのお隣にミッキーマウスの三次創作同人誌を出しているb氏(C92告知)と賑わってますので是非いらしてください。

で、ディズニーの同人誌もすっかり定着しているのでそろそろディズニーオンリーでもこないものかと期待してます。
アニメとパークはもちろんディズニーチャンネルや実写、ゲームまで全てのディズニーを範囲にした即売会。コスプレも可能にすればハロウィンで仮装できないジャンル(キャストとかマーベルとか)の受け皿にもなってにぎわうこと間違いなし!なんてならないかなあ。
「海外にはあるらしいが日本ではどうだか」なんて言われますが実際にはプチオンリーが4つ開催済み、そもそも四半世紀前からコミケでは評論から18禁までサークルがありタブーでも何でも無いのでその点問題なし。十分行けると思うんですよねえ。
スポンサーサイト