2017/10/29

コミティア122参加のお知らせ


DMa3Lh-V4AAx08V_2017102919432476b.jpg

参加イベント:11月23日開催コミティア122
スペース番号:B09a(東4ホール)
来月開催のコミティア(COMITIA122 - コミティア)に参加します。コミティアは初めて同人誌を出した2年前のコミティア112以来の参加となるので古巣に戻った気分です。
常在戦場なコミケと違いまったりした空気でしょうから面と向かって話したい(もしくはコロンビア本などの間違いを突っ込みたい)という方がいらしたらぜひ来てください。一人参加なのでスペースにいない時間もありますが…。

頒布物

新刊
『東京ディズニーシー実用的ではないガイド(仮称)2-コンセプトアート編』
内容:灯台シンボル案のように断片的に語られているだけで東京ディズニーシーの具体的かつ詳細なメイキングはほぼ皆無と言ってよい。そのような現状において雑誌やD23Expo Japanなど各所で見られるコンセプトアートは格好の資料となる。
そこで本書ではフォートレスエクスプロレーション(灯台案の後釜であり過程がある程度わかる)とコロンビアを例にコンセプトアートから創造の一端を探る試みを行う。
なおあくまで「一端」であることは念頭に置いて欲しい。なにせ膨大な量の中のたった数枚、しかもわかるのは点でありどのような線を辿ったかまでは確証を持てないからだ。

今回の新刊…というより正確にはペーパー(8p予定)。数ヶ月で新刊は無理です。
一応2015年夏コミに頒布した無料本(ポートディスカバリー編)のシリーズになるが、本シリーズはコロンビア以外のあれこれを詰め込むという意味なので安心して欲しい。

既刊
・『合衆国汽船コロンビア号』
001.jpg
初出:2016年夏コミ
内容:東京ディズニーシーにたむろする船舶の中でも一番の巨体を誇るコロンビア。アメリカンウォーターフロントの象徴であり「オーシャンライナーそのものを題材にした最高のエンターテイメント」でもあるコロンビアについてオーシャンライナーとしての特徴、バックグラウンドストーリー、実在の客船からの引用、そして製作者であるイマジニアの意図など様々な視点で考察する。


・『密航兄妹逃走経路ノ想像』

CIMG7597.jpg
初出:2017年夏コミ
内容:コロンビアのドッグサイドステージで上演されたオーバーザウェイブはコロンビアの船内を縦横無尽に駆け巡る楽しく、そしてDSSで上演する意義に満ちていたレギュラーショーだった。このショーについてタートルトークのキューラインに飾られる断面図やデッキプランなどを参考にして歴史を元にした想像を広げてみる。



コロンビア本はとらのあなの通販在庫が少なくなってきたのでどうしたものか。もしも在庫が無くなったら書泉グランデにも店頭委託しているのでとりあえずそちらで求めてください。

今回の新刊がDestination Cと同じなのは新しいネタを出す余裕が無い、というよりも出せるネタが切れてしまった感が強い。
忌避風潮記事のリファインはストレスの原因なのでしばらく凍結。事例(プール、エアパイレーツ、西日本ディズニー)を先行して出すかもしれないがそのものに手を入れるのはずっと先だろう。というか誰かやってください頼むから…。
ディズニー以外に鉄道や客船(橿原丸型は小ネタがだいぶ集まった)もいけそうだが、単にまとめるだけだと先行研究を読めば済む話(コロンビア本でもうすうす感じているが…)なのでどう料理するか思案中。
インプットが貧しかったツケが回ってきたということであるトホホ…。
スポンサーサイト