--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/01

コンセプトアートによる定点観測


案の定広告が表示されまさに三日坊主だがむしろコロンビアで力尽きネタも尽きたのが実情かもしれない。
それはともかく6月に一年ぶりにインしたらいろいろとネタを補充できたので再び更新してゆくつもりだ。

コンセプトアートとは実際に建設する前にイマジニアたちが描いた絵のことだが実現したシーとは違うものもある。夢を現実に移行する過程で削られたものを見れる点で興味深く、つまり「いまじにあがかんがたさいきょうのでぃずにーしー」の一端を覗けるとも言えよう。また単体でも観賞に耐えうるものが多いのも特徴だ。特にこれをたった数センチ四方でしか載せない講談社はどんな神経をしてry
というわけでミステリアスアイランドのようなヘリコプターを動員しなければ撮影不可なものを除き撮れる範囲で定点観測をしてみた。だいぶ撮影地点に偏りがあるのはご容赦願いたい。

1,メディテレニアンハーバー
・要塞
メディ要塞
ミッキー広場~リドアイルの行程より
要塞のコンセプトアートはミスアイのと並んで神々しくて好みだが太陽光線的に失敗。午前中に撮るのがベストかと思われる。
・パラッツォ・カナル
パラッツォ・カナル
ポンテ・ディ・ベンヴェヌーティより
・ハーバー
ハーバー
ポンテ・ヴェッキオより
これらメディのコンセプトアートは一枚の絵としても魅力的である。絵葉書やポスターとして売ってくれないかな…

2,アメフロ
アメフロ
ウォーターストリートとデランシーストリートの交差点後方より
コンセプトに見られる建物はおそらくスクルージおじさんの店に相当するだろうがここでは見えない。低くなったかあるいは高架により過ぎたのか…。

3,キャラバンカルーセル
アラビ
上のコンセプトと違い淡い画調だがファンタジー気味のこのポートには似合うのかもしれない。マジックランプシアターのもあるにはあるがリバブ中であったので不可。シャバーンがだいぶお年を召していたりアシームがメタボだったりとデザイン以外に興味深いコンセプトなんだけどな…

4,ストームライダー
ストームライダー
ディスカバリーギフト周辺より
これもかねがねコンセプト通りだが、サンフィッシュサブとはまた違ったデザインの潜航艇や現在の調査船に対応すると思われる船などに注目。

5,アメリカンウォーターフロント(2014年2月12日追加)
amefrosnow_20140212152947d25.jpg

何十年ぶりの大雪になった週末に咲間さん撮影して下さいました。ありがとうございます!人はいないが吹雪いていたので仕方が無い。
この絵や年がら年中マンホールから暖房の蒸気が漏れていることから基本的に冬設定ではないかと考えられる。
だとしたら1912年3月20日(コロンビア処女航海)同年9月4日以降(タワテラツアー開始)20年代(BBB)と四者入り混じることになるが…これは年代設定に幅を持たせることにより発展の余地を得ているのではなかろうか。そりゃまあ厳密に設定してもただの自縛だから意味ないけど。

以上あげたものは大体コンセプト通りに実現した例だが、大幅に違うものもある。
アクアトピア
これはポートディスカバリーのコンセプトであるがアクアトピアとストームライダーらしきものの位置関係のみならず各デザインも違う。例えばERの駅はガラス張りでポーディスの特徴であるとされるヴィクトリア朝の「ガラスと鋳鉄」(水晶宮やパディントン駅を見ればお分かりいただける)を用いた建築であり雰囲気が出ていると感じる。
目立つのはストームライダーらしき建築である。それ自体が動き出しそうな点は置いとくとしておそらくカブトガニあたりをモチーフにしているデザインに注目したい。下のアクアトピアにオウムガイの装飾を見るとひょっとして現行のアクアトピアに少々デザインが受け継がれたのでは、と推測できる。(以上コンセプトアートはDIsney and Moreより)

以上のように実現した・しなかった点を比較しどのように今のデザインに移行したのか考えるのもまたコンセプトアートの楽しみである。これらは全て海外のHPより引用したがひとつの疑問としては彼らはどこから引っ張り出してきたのか?まったく出す気が無い日本(というよい講談社。アートで楽しむ~も非常に薄いのだ)とは違い洋書にはハイタワーのジジイをA4以上のページに丸ごと載せるのもあるほどなので出版物からだろうがぜひ原著を拝んで見たい。というか日本のパークであるからには日本語で出版すべきなのに講談社は一体何を考えているのだろうか…

というわけでコンセプトアートは非常に魅力があるのでぜひ探して堪能してほしい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。