2012/09/04

タワーオブテラー年表

東京ディズニーシー11周年おめでとう!…といいたいところだがそれ以前にタワーオブテラーリオープン6周年および『ホテルツアー開始』100周年を祝わらなればならないだろう。いままでこのブログで散々語ってきたBGSにおいてホテルツアーを開始したのは1912年9月4日であるのだから。
しかし無論公式では何の催しも行わずファン側で勝手に楽しもうにも頼みのtot1899.comは閉鎖してしまい知ることは叶わない。
そこでおもなBGSとともに様々なメディア展開、さらにオープン以降の動向まで年表でまとめてみた。

2012年12月9日追記:チラシおよびプレビューバンケット追加。画像を出典元を確認できるものに変更。付記なしは筆者撮影。申し訳ございませんでした。


年表『ホテルハイタワー』編
1835年 ハリソン・ハイタワー三世誕生

1837年 コーネリアス・エンディコット三世誕生

1882年4月15日 ベアトリス・ローズ・エンディコット誕生

1892年1月23日 ホテルハイタワーオープン

1897年2月2日 マンフレッド・ストラング、エンディコット邸へ。ベアトリスと初めて会う。
        その際に落としたハイタワーの雑誌を読んだのが彼女がハイタワーにはまるきっかけとなる。

1899年 スメルディング、ホテルハイタワーの庭でベアトリス(17歳)の絵を描く。この絵は今でも庭園で見れる。

1899年 ハイタワー、コンゴ遠征を実施し、シリキ・ウトゥンドゥをムトゥンドゥから強奪。

1899年12月31日 ハイタワー、帰還パーティーを開く。
        ハイタワー失踪
        ベアトリスは マンフレッドはパーティーにウエイターとして潜入していたので一部始終を見たがベアトリスはパーティーの途中で帰ったのでその場に居合わせなかった。
        以降ホテルハイタワーは『タワーオブテラー』と呼ばれる。

1908年10月21日 ベアトリス、アーチーに会う。

1912年5月3日 ベアトリス、コーネリアスがすでにハイタワーを買収し跡地にエンディコットグランドホテルを建設する計画を知る。

1912年5月4日 ベアトリス、アーチーに会い彼のアイディアによりニューヨーク市保存協会の設立を計画。
       アイリス(因果関係不明)と友人を説得に回る
       カールッチビルの3階に事務所を借りる。CIMG0970.jpg


1912年6月5日  ニューヨーク市保存協会設立

1912年8月20日 ベアトリス、ストラングに会いツアーの計画を話す。14歳の時にストラングに会ったことを知る。

1912年8月22日 ベアトリス、ストラングホテルツアーへ(tot1899.com)

1912年9月4日 ホテルツアー開始
                                    ここまでBGS


                                    ここから現実
年表『タワーオブテラー』編
Imagineering掲載のコンセプトアート 相当初期から構想にあったらしい。 
Be5Fb3wCYAAh_0U.jpg

電通の資料よりタワテラBGS製作の経緯(隆崎さんより拝借。ありがとうございます) ToT1899.comはかなり電通の手が入っているようだ。それでも公式には変わりないから構わないが。
proxy.jpg
820012660.jpg
820012752.jpg


1997年夏 ディズニーシーのコンセプトアートにタワーオブテラーらしき建物が描かれる。(ディズニーファン誌97年7-8号掲載)
124293446.jpg

2004年 ディズニーファン連載『東京ディズニーリゾート意外発見』にてエンディコット一族について触れられる。

2005年5月11日? 公式サイトtot1899.comオープン
        以降段階的にベアトリスとマンフレッドの日記が更新される。それはむずかしい参照

2005年7月21日 レイジングスピリッツオープン "USA NEWYORK PARK AVE HIGH TOWER TRUST"の送付先が書かれた木箱がある。

2006年7月から9月まで毎週木曜日にラジオストーリーが全13話放送される。
Tower of Terror 第1話‐ニコニコ動画(原宿)
2006年7月28日 首都圏にて『ニューヨークグローブ通信』号外配布

2006年8月発売『海の絵本』に小説『ツアー・オブ・ホテルハイタワー』掲載。

2006年8月30日 タワーオブテラープレビューバンケット開催。
「ニューヨーク市保存協会見学ツアー開始記念パーティー」として1912年8月30日設定でホテルハイタワーのロビーにおいて行われた立食パーティー。
06083007.jpg
ゆきだるまBLOG参照

2006年8月31日 『モーニング』に『宇宙兄弟』の小山宙哉による漫画掲載。
エキサイト参照

2006年9月2,3日 新宿、渋谷にて号外配布
835E838F815B83I83u83e8389815B82V.jpg
pure soulより

2006年5~9月 B5サイズのチラシ配布。tot1899.comの記載があるためサイトオープン以降?
684724898.jpg


2006年9月4日 ホテルツアー開始(タワーオブテラー)
       ホテル前の掲示板にマンフレッドの署名記事がある。

2006年9月 ファンダフルディズニー会報8号にて保存協会による(という設定の)タワーオブテラー特集。印刷物では随一の濃さを誇る。(転載元のブログは消滅した模様)
img_327478_7639835_0.jpg
       
2006年9月4日-10月31日 期間中の平日にオチェーアノにてエクスプロア・ニューヨーク実施。保存協会員とニューヨークグローブ通信記者による小芝居が見られる。
            協会員はアンナ・メルソン 記者はウィリアムス・ボブキンス 会長とするHPもあるが会長はあんなBBAではnうわなにをするやめ
a49877b8.jpg
Fortunate Angelより
2009年秋 ディズニーシー初のハロウィン開催。『ミステリアスマスカレード』MCはNYC保存協会のマーク・オーメンとカミーラ・カーメン。
    前説においてタワテラとハイタワーコレクションの由来、せりふにて会長について触れる。初めてタワテラがショーにおいて使われるショー。
>119.jpg
Dカボまにあより


2009年9月10日 タートルトークオープン キューラインにニューヨークグローブ通信や前身のニューヨークシッピングガゼットが飾られている。
       コロンビアのシャンパン割りを行う記事内の姿が園内で見れる数少ない会長の姿。タワテラについて触れている見出しもあり。こちらを参照

2006年09月13日 発売『東京ディズニーシー5thアニバーサリー・ミュージック・アルバム』の特典としてプロモーションムービーが挿入される。

2009年12月31日 ハイタワー失踪110周年。

2010年? タワーオブテラー・メモラビリアからホテルハイタワートランプなどのホテルグッズが消える?

2010年6月? 公式サイトtot1899.com閉鎖

2010年秋 ディズニーシーハロウィン『ミステリアスマスカレード』開催 MCの片割れがマーク・オーメンからミケーレ・マスカーラに変更。前年のせりふ『会長からの伝言がある!』も削除。
 
2010年12月31日 WFPにて保存協会主催のカウントダウンパーティーが開かれる。 
        司会はエクスプロア・ニューヨークの服を着たカネーナとジョヤーノであったが実は『ボンファイアーダンス』MCのカッガリービとキビータの『世を忍ぶ仮の姿』であった。要するに保存協会は彼らの当て馬にry
2ce5a40a88eab9a739d2e8138e82b22a.jpg
スポッター・パラディーゾ・ディズニーカーニバルより

2012年1月4日-3月16日 期間限定イベント『タワー・オブ・テラー:Level 13』開催。

2012年5月4日 カールッチビル3階の事務所を借りて100年
 
2012年6月5日 ニューヨーク市保存協会設立100周年

2012年8月22日 ベアトリス・ローズ・エンディコットとマンフレッド・ストラングがホテルハイタワーを探索(tot1899.com)して100年

2012年9月4日 ホテルツアー開始100周年


以上のようにタワテラにはBGSがありさらに大規模なメディア展開をしてきた過去があった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント