--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/07

夏コミ新刊の取り消しと謝罪

Twitterで告知しました夏コミ新刊『東京ディズニーシー全く実用的ではないガイド』についてです。

今回の夏コミC86一日目に出すとお知らせしましたが、取り下げます。
ご期待してくださった皆様には申し訳ありませんが、全ては僕の信用を裏切る行為からくるものです。

以下に経緯を記します。

常日頃本を出したいと言っていたところ縹渺さんからお誘いいただき、7月4日に委託をお願いしたところ快く了承して下さいました。
ところが「前面的扱いじゃない」の言葉を「スペースが空いていないので裏に置き、求められたら出す」と受け取りました。
実際は「こちら(縹渺さん)の本優先」であり、ここで聞き直せばよかったものを「もしも聞き直したら『裏の置くのでは不満だ。皆さんの作品を押しのけてでも置いてくれ』と言っていると思われるかもしれない」と見栄を張り、こちらも了解したと送っておきながら聞きなおさず、「実は迷惑なほど満杯だったのでは」と不安ばかり勝手に膨らましていました。

そこでヤマパンスキーさんからも委託のお誘いをいただいていたことを思い出し、先に縹渺さんにお願いしたことを言わずに2週間後に委託をお願いして売り子のお手伝いをする条件でチケットまで頂きましたが、これも全て黙っていました。

せっかく一度了承して下さった縹渺さんに黙ってここまで話を進めた人としてあるまじき裏切り行為をどう説明するのか。
「あっちがだめならこっちに」とヤマパンスキーさんをまるで天秤にかけたような形で侮辱したことをどう話すのか。

全てを先日8月6日、夏コミ一週間前という土壇場まで先送りにしていたのです。
しかも7月31日にはすでにTwitterで告知していながら、です。

縹渺さんには当日お会いして改めて謝ります。
ヤマパンスキーさんには大切なチケットをお返しするつもりです。

許しを請える立場ではまったくありません、どんな償いも足りませんが謝らせていただきたいのです。

自分を信じてくださっていたからこそ交わしていただいた約束という大切なものを軽く扱い信用を失うも当たり前な裏切りを働き、皆様を振り回してしまい申し訳ございませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。