2012/04/15

SSコロンビア概説3―新聞から読み取れること


columbia-titanic_20120506010403.jpg


↑建造中のコロンビアを視察するエンディコットとその『娘』おそらく右のタイタニックのパロディ…かな? 右はウィキペディアより

さて絵の次は新聞に移る。これらの新聞はコロンビアの進水式や処女航海の模様を詳しく伝えているが実はその半分はタワテラに関連している。新聞自体があのニューヨークグローブ通信であり、ここが最大の見所なのだが会長に触れているのだ!tot1899.com亡き今となっては唯一会長に触れている貴重な存在になってしまった…。会長は重要ですよホント。タワテラはジジイと偶像と絶叫だけじゃなく記者と会長のアメフロ中を巻き込んだロマンス要素と偶像の呪いによるホラー要素もあるわけでそれを活用しないのは実にもったいないわけでありまして…ッとそれたがざっと触れてみる。



PAP_0187.jpg

1,ニューヨークシッピングガゼット コロンビア進水式特集号 The Newyork Shipping Gazetter 1911年4月11日付
 まずこの新聞であるが、某記者が所属するニューヨークグローブ通信の前身の業界紙である…らしい。おそらくtot1899.comに載っていたはず。題字の下に Conelius EndicottⅢ Publisherと書かれているので間違いは無いだろう。 記事上段にはコロンビアの進水式の模様が書かれており、タフト大統領がスピーチを行ったことや万単位でニューヨークっ子が訪れたこと、会社のバンドが演奏し花火が上げられたことなどがあり、一方下段には「今はドン殻だけど後で煙突や海底展望室を設置するよ!」や「リパブールへの処女航海のチケットはホレイショースクエアのオフィスまで」とある。自前の造船所を持っているのもびっくりだが、クラッシュの海底展望室が新造時から存在したということは1912年設定で確定ということだろうね。

 だがこの記事で一番目立つのはシャンパン割りを行う会長である、と信じたい。写真写りの悪さに定評がある会長の唯一の笑顔ということもあるが、記事では会長が内装を手がけたことを書いていることに注目したい。エンディコット3世が会長に内装をまかせたのはハイタワーホテル買収から目を背けさせるためであることはtot1899.comの会長の日記でもわかる。(…わかるよね?)つまりこのようにタワテラとも密着していることがはっきりしているのではやくtot1899.comを復活させる作業に戻るんだO○C!


PAP_0177.jpg

2,ニューヨークグローブ通信 The Newyork Globe Telegragh 1912年3月20日付
 ここではコロンビアの経歴と内装の概要、それにセオドア・ルーズベルトが祝辞を述べたことが書かれている。
上段では各デッキ等の内装について説明されており、ダイニングルームが"passengers may also partake of fine dining"と、ルーズベルトラウンジが"Celebrate the American spirit while enjoying a libation in the~"と触れられている。
中段ではコロンビアの建造についてとスペックが書かれている。以降つらつらと書いてゆく。スペックはちょっとまた今度元ネタ論考のさいに・・・。

1907年3月 エンディコット3世はニューヨークでコロンビアの建造を開始し、ベアトリスローズエンディコットは内装をデザインした。
1909年9月16日 エンディコット3世の72歳の誕生日にUSSが所有するブルックリンの造船所にてキールを設置し起工する。
1911年4月15日 コロンビア進水
1912年3月2日 コロンビア公試
1912年3月5日 54番ピアに到着し処女航海の準備をする。
1912年3月19日 一等船客とニューヨークの社交界を招き祝賀会を行う。
1912年3月20日 午後四時に出航。


下段にはセイリングディブッフェにて演説を行うルーズベルト元大統領の様子がある。


PAP_0176.jpg

本文では以上だが、それ以上に魅力があるのが右上の見出し一覧だ。三つの記事の題が書かれているが、4ページに「廃墟と化した『タワーオブテラー』として有名なハイタワーホテルのレポ」 7ページに「科学:フレンドリーな海亀『クラッシュ』がニューヨーク港を第二の家にすると科学者が語る」そして9ページには「ファッション:美しきベアトリス・ローズ・エンディコットが航海の祝いにあるニューヨークの社交界を沸かせる」とある。

…ちょっとなにこれフルで読みたいんですけど!!スクルージおじさんのデパートに置いてくれたら全力で買うよ!!
タワテラはおそらく三世による工作の一環だろうし、クラッシュが第二の我が家宣言したのも興味深いしなにより『美しき会長が~』と書かれているのがカールッチ派大勝利ですよね…と思ったけどこりゃ単なる親ばかの可能性もあるよね。 
とまあ半分を会長が占めたが終わらせてもらう。以上のようにタワテラとも密接に関わっているのでさっさとtot1899.comを復活しやがれください。このほかに海中展望室建造中のコロンビアの説明があるが、前者は見事なピンボケにより不可、後者は大体「エンディコットの科学力は世界一ィィィィィ!!!!」なので省略する。

次はオーバーを当時のクルーズ事情と絡めながら考えていく…予定である。

というわけで、誕生日おめでとうございます会長!投稿日時をいじくった?10分ぐらいはご勘弁…
他にもアーティストの感想やミスマス妄想想像、リトルニモのまとめもしたいねぇ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント