2017/05/08

同人界隈におけるディズニー忌避風潮1:組合と印刷所の自主規制

注:本記事は「ディズニー忌避風潮がいかに根拠の薄い代物か」「ディズニーだからといって特別危険視する理由は無く条件としては他のジャンルと同じ程度」という内容であって二次創作自体の是非を論じてはいないし「何をやっても許される」とは一言も書いていない。論点をすり替えようとするのはいい加減にしなさい。

目次
1:組合と印刷所の自主規制(本記事)
1,はじめに―根拠の重要性
2,日本同人誌印刷業組合の通達
3,印刷所の対応

2:キングダムハーツで何が起きたか
4,マナーサイトによる危険論の流布
5,「ディズニーの警告メール」によるサイトの大量閉鎖
6,パイレーツオブカリビアン
7,空気の蔓延
8,スクエニの対応

3:背景と自主規制
9,背景その1 「著作権ヤクザ」イメージの流布
10,背景その2 同人誌にまつわる事件の続発
11,自主規制

4:定着の過程
12,無数の引き合い
13,「父よあなたは強かった、だから貴様も草をかめ」
14,ヒーローマン

5:公式の動向
15,スクエニの著作権に関する訴訟事例
16,実際はどうなの?

6:ディズニーというジャンル
17,「ディズニーに手を出す輩はいないから危ないと証明されている」?
18,「イメージを壊す類は許されない」?
19,総括


1,はじめに―根拠の重要性

今年4月11日にキングダムハーツは発売15周年を迎えた。それ自体はめでたいが、同人界隈におけるディズニー忌避風潮が本格化してから15年経過したことも意味する。
ディズニーとスクウェア・エニックスの合作ゲームであるキングダムハーツ。本作の発売に伴い日本同人誌印刷業組合が出した通達に従って多数の印刷所がディズニーの入稿を拒否した。それに伴い過剰な自主規制、同調圧力が多発、ディズニー危険論は暗黙の了解や疑うべくもない常識として形成されていった。なおも残る極端なディズニー忌避風潮の原因はこのゲームの周辺にあるといってよい。

アナと雪の女王やズートピア、ヴィランズの手下などの流行でうやむやになりつつあるが、現在にも確実に尾を引いている忌避風潮はなぜ定着したのか?その根源は?経緯は?根拠に値する事件があったのか?先の記事、ディズニーの同人誌は本当に危ないのか?「コミケはディズニー同人誌の頒布を禁止している」とする風説についてではいかに根拠の薄い自主規制だったか、現在に通用するものではないと記したがこれらの根本的な部分が欠けている。

ディズニー忌避風潮の原因を一言で述べると事実誤認を元にした憶測が孫引きされ続けた結果、つまり根拠の軽視が過剰な自主規制を招いた。これに尽きる。
なにしろこの15年誰も一次ソースを示していないのだ!具体な根拠はほぼプールと印刷所の自主規制のみ。警告の詳細やディズニー自身がはっきりと禁止する文面すら掲示していない。あるのだったらちゃちゃっと出せば済む話なのに全くおかしな話である。
ディズニーのイラストサイトや同人誌が存在するにもかかわらず「落書きでも容赦しない。同人誌は訴えられる」なんて言説がまかり通っていた事態ははっきり言って異常だ。即売会のカタログをめくったり目の前のパソコンで調べれば明確に事実と反しているとわかるではないか。

先の記事では一々ソースを出すのが煩わしいとする感想もあった。しかし本件の場合特にソースが無いといかに頼りなくそして異常か、ここで根拠を軽視するサイトを一つ挙げてみる。
同人グッズについてのマナーサイト【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~では警告・告訴になった例として真っ先にディズニーが挙げられているが、その記述には首をかしげるしかない。

■警告・告訴になった例 - 【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~(2013年9月14日)
2013-09-01
■警告・告訴になった例
5. 警告・告訴例
ディズニーは落書き程度でも、二次創作で配布する全てを許していない。ネット上のファンアートは許されている


当初の記述でははっきり「二次創作で配布する全てを許していない」と断言していた。しかしディズニーは一体どこで配布を禁止すると言っているのか?「落書き程度」でも禁止するのにネットで全世界に向けてファンアートを発信するのを許しているのは矛盾では?そもそも「警告・告訴例」はどこにあるのか?根拠は全く示されていないので不明だ。

■警告・告訴になった例 - 【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~
ディズニーは特に厳しいと言われており、同人誌も含め二次創作は基本的にタブーです。ネット上のファンアートであれば問題がないと思われています。
sea (id:sea_goods)
コメントありがとうございます。
表現が乱暴でしたね。失礼しました。簡潔に過ぎました。
ディズニーについては同人の印刷所では受付けて頂けない事、製作すれば明らかにネット上での火種になる事もあり、強めの表現をしています。
コメントを元に記事を修正致しました。
3年前


その後コメントで指摘されて表現は多少変化しているが内容はほぼ変わらない。「実際の事件よりも、同人界でどう思われているかに重きを置いて」いたから「全てを許していない」と表現した、つまり根拠なんて端から存在せず同人界隈の空気を理由に嘘を記したということだ。そもそも「警告のあったことを確認出来たもののみ挙げています」としながら何故憶測をトップに持ってくるのか?という根本的な疑問は解決していない。
そしてタブー扱いする空気があるからと嘘を広めても許される理由にはならない。啓蒙サイトを運営するのならなおさらだ。これが許されるのならば筆者は「ディズニーは同人誌を認めている!公認されているから何をやってもいい!」と吹聴しても構わないことになるが、そんな馬鹿なことがあってたまるか。
そもそも普通に活動できる現状を見ればタブーでもなんでもないことぐらいわかるだろうに、根拠もなく「著作権に厳しい=ファン活動も例外なく訴えられる」という極論を振り回して何が何でも危険と植えつけなくてもよかろう。そうしてむやみやたらと焚き付けるのだからタブー視され、ひいては荒らしの棍棒扱いされるのであって、火のないところに油をまいて放火するマッチポンプに他ならないことに気づくべきである。

こんな調子で15年間出典や根拠の軽視を突き通して来たからディズニー忌避風潮が定着した。であるからこそ本件については特にソースを挙げつつ記す。ひとつ話の類まで一々出典を出せとは言わないが、ここまで伝聞が浸透している場合にはなるべく根拠を示すのが義務ではないのか?

キングダムハーツ発売、ひいてはディズニー忌避風潮の本格化から15年という節目なので少しは期待したものの結局騒動の種をまいた人たちからは訂正も何もないので自分で調べたが、一つ問題がある。筆者は当時から現在までキングダムハーツをプレイすらせず2002年当時のジャンルとしてのディズニーを全く知らない。よって先人の残した記録を頼りにするしかないが、そもそもキングダムハーツ発売時の騒動についてまとまった記録は存在しない。生の声は2chにしか残っておらず晒しを頼りにInternet Archiveを探す始末、確かな根拠を知っていると称する方に聞いて回ってもまともな返事はほぼ帰ってこない有様で数少ない残骸から探し求めた結果がこの記事なので必ず誤りがあるはずだ。

事実をご存知な方はぜひとも記録を残してほしい。果てしない伝言ゲームに終止符を打ってもよい頃合いだと思うのだ。


2,日本同人誌印刷業組合の通達

同人誌総研レポート -同人誌生活文化総合研究所
同人誌総研レポート
2002年04月21日(日)
◆「キングダムハーツ」についての日本同人誌印刷業組合の対応について。
 既にあちこちで話題になっているが、4月11日付けで、同人誌印刷業組合からの「緊急のお知らせ」が各印刷所にFAXにて送付されている。そのFAXの取り込み画像を一時「やげざわ印刷」が公開していたので内容を見た方も多いと思う。先日触れた、ブロスやコーシン印刷の対応は、この文章を受けてのものだ。コーシンのメールもトンデモだったが、元々のこの文章も結構アレな内容だ。特に文章のまとめで記された「触らぬ神に祟りなし」という文面には呆れてしまった。この文書は、組合が理事長名で発行する文書であり、加えて「緊急のお知らせ」ということで組合員以外の印刷所に対しても送られている(だから、やげざわ印刷がFAXをもらっているわけ)。つまり、組合としての正式な文書なのだが、この文章を読むととても正式文書に耐えうる文章ではない。ただでさえ、著作権に関わる微妙な問題をはらんでいる以上、もっと内容・表現・伝達方法ともに繊細な注意払ってほしいものである。同人誌の印刷を断るという判断は、それはそれでリスク回避として理解できないわけではないが、そのやり方としてはあまりにも稚拙だ。だいたい、やげざわ印刷にこんなFAXを送ったら、よろこんで公開するに決まってるじゃないか(笑)。
 今回の判断は、ある同人誌の印刷を断るということは、ある表現の発表の手段を奪うことに繋がるという覚悟の上での冷静な対応とはとても思えない。この安易さは、「危なそうなモノ」、「問題の起こりそうなモノ」があれば、簡単にそれを排除していくことになっていくのではないか、危惧せざるを得ない。




【ダメダメ】キングダムハーツ【ダメダメ】 - 2ちゃんねる

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/04/17 22:03 ID:G8zqBiWY
同人誌印刷業組合もキングダムハーツの入稿とかグッスの製作について注意を促す文章を加盟印刷所に通知しましたね。
http://gamagori.cool.ne.jp/special/dizni.gif
事実上、無許可のパロディ作品の入稿とかグッスの製作について拒否をするということなんだろうけど。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/04/20 02:33 ID:ITmKRbVn
>>125
すまそ
同人誌印刷協会  X
同人誌印刷業組合 ○

gamagori.cool.ne.jp/special/dizni.gif
にあった、同人誌印刷業組合の文章(画像)が消されてしまったが持っている人いる?

143 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/04/20 02:39 ID:faZ590dV
それって画像じゃないとダメ?
文章なら風呂巣のHPにあるんだけど…
ttp://www.bros-comic.co.jp/topic/kokuchi.htm

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/04/20 03:21 ID:ITmKRbVn
>>143
同人誌印刷業組合が各印刷所あてに出した文書なので >143の元になったやつです。

その元の文書の中に「ゲームの説明書からコピーしたキャラクター表を添付したので参考に・・・」
って書いてあった記憶がある。
これって、無断ピーコ?著作権の侵害に当たるのでは?と思ったのでもう一度見たいなと!



2002年04月11日付けで日本同人誌印刷業組合から各印刷所に送付された「緊急のお知らせ」、実質的には勧告である通達がディズニー忌避風潮の直接な火付け役である。各印刷所に送付されたファックスは現在も掲げられる『著作権についての組合の意見』よりも直接的な表現だったと思われるが、アップされていたやげざわ印刷のアドレスはInternet Archiveでも404なので内容を確認できない。
しかし、ファックスの文面と思わしき「触らぬ神に祟りなし」(上記サイト)や「同人誌業界の根幹を揺るがす恐れ」(TomOne の日記4月17日)といった断片からは冷静な思考や確かな根拠で制作とは思えない。



著作権について組合の意見 -日本同人誌印刷業組合

ここ最近同人誌界でブームになりつつある、プレイステーション2用ゲームソフト「キングダムハーツ」には、ディズニーのキャラクターが多数使用されています。

 まず、あらかじめ著作権法というのは親告罪なのだということをご理解ください。親告罪というのは、著作権所有者がその権利を主張しない限り成立しない法律です。本来「緩さ」や「曖昧さ」で成り立ってきた日本の風土のなかで、慣例的に比較的ゆるやかに解釈され、行使されてきたこの法律も、物事の解釈に「白と黒」といった、はっきりとした解釈を求めがちであり、また、訴訟社会が常となっているアメリカ的な価値観のなかでは通用しにくいと思われます。

 これまでの過程からして、ディズニー社は非常に著作権や商標権に厳しい会社です。今回の「キングダムハーツ」に関しましても、共同開発の立場から、ディズニー以外のキャラクター、ゲームタイトル等にも、著作権ないしは商標権に関する管理が、他の日本作品と比較した場合、よりアメリカ的基準の枠組みで運用されるのではないかと思われます。特に商標権という刑事罰が適用されやすい、グッズ類に関しましては、さらに厳しい基準が適用される可能性が考えられます。

 我々日本から多くの「まんが」や「アニメ」が、世界に向けて配信される一方で、欧米を始めとする世界各地から多くの文化を輸入している今日、「グローバルスタンダード」(汎地球基準)という枠組みの中で、日本的な「緩さ」「曖昧さ」といった価値観で成り立ってきた文化と、欧米的な「白か黒か」といった価値観で成り立ってきた文化の間に、微妙なゆらぎが生じてきたことを我々は認識しつつ、また、そのことによって、昨日までの価値観が今日の価値観でなくなってきているのかもしれないということを、充分に認識してゆく必要があるでしょう。

 以上の特殊な背景を考慮に入れながら、印刷所サイドとしても慎重な対応をしていかざるを得ませんし、場合によっては印刷をお断りしなければならない可能性が生じますことを、あらかじめご了承ください。
2002年5月


↑Internet Archiveによれば2016年5月20日から2016年11月10日の間にトップページからリンクが削除(更新の知らせは無い)されたが2017年4月現在もページは残っている。

2002年5月付で掲載された『著作権について組合の意見』は現在に至るまでなおも残るが、これを見てみると特にディズニーを狙い撃ちにする具体的な根拠が無いことがわかる。要はディズニーから直接指示を受けた、あるいは何か事件が発生したわけではなく「日本的な『緩さ』『曖昧さ』」「欧米的な『白か黒か』」という類型的なイメージから自主規制に走っただけに過ぎないのだ。
訴訟大国アメリカの企業だから絶対許さない、日本の企業だったら何でも見逃してくれる…なんてわけはない。実際当時から現在まで日本の企業が同人活動やネット上の二次創作まで警告や訴訟を起こした事例はいくらでもある。全く触れられていないスクエニも出版社や個人に訴訟を起こしている事実はどう説明するのか。
といった具合に憶測のみで成り立ち現状で通用する代物ではないものの現在も根拠として用いられている。具体的な根拠や当時の状況について問い合せしたものの未だ返答は無い。

3,印刷所の対応

「キングダムハーツ」の同人誌・グッズについて -サンライズ(2002年5月3日)
  (株)スクエアのソフト「キングダムハーツ」が発売され、同人誌の発行やグッズの作成をお考えの方も多くいらっしゃると思います。しかし件のソフトは、ディズニーとの共同プロジェクトでありキャラクターの著作権もディズニー側にも帰属していると思われます。
  ディズニーは著作権・商標権に関しては大変厳しい企業であり、また同人誌印刷組合からの勧告もあり残念ながら弊社としましても「キングダムハーツ」に関する同人誌やグッズの作製に関してはお引き受けできないと判断いたしました。
皆様のご希望に添えないことに関してたいへん申し訳なく思いますが、どうぞご理解いただけますようお願い申し上げます。
サンライズパブリケーション株式会社



キングダムハーツについて - BRO'S(2002年8月6日)
先日発売されました、PS2用ゲーム「キングダムハーツ」についてお知らせ
このゲームは(株)スクウェアと米国ディズニー社との共同開発となり、登場キャラクターにもディズニーの著名なキャラクターが多数使用されています。    
言うまでもなく、ディズニー社は非常にパロディ・模写に厳しい会社です、
過去1ファンがディズニーキャラのTシャツを作成しただけで動いた事もあり、今回の「キングダムハーツ」に関しましても、共同開発の立場から、ディズニー以外のキャラクター/ゲームタイトル等にも商標権を行使する可能性があります。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、当社におきましても詳細な指針がでるまでは当ゲームに関する同人誌/グッズのご入稿はお受付できません、ご了承下さい。


↑暴力団員が逮捕された事例ならばある(1993年12月8日日本経済新聞夕刊『警視庁、組員ら2人逮捕 ミッキーマウスなど無断でプリント販売』)が、「1ファンのTシャツ」に動いた事例は見当たらない。さすがにこれを1ファンと呼ぶには無理がある。

同人誌総研レポート -同人誌生活文化総合研究所
2002年04月10日(水)
◆「コーシン出版メールニュース24」(まぐまぐより)。
 コーシン出版が運営しているメルマガの最新号が配布されたのだが、これが頭いたい。

「プレイステーション用ゲームソフト「キングダムハーツ」(発売元(株)スクウェア)が話題になりつつあります。
すでにイベント事務局にも問い合わせがあり、内容は「ラミバッチを出したいがOKか?」「同人誌としての本ならどうか?」 等
ここで問題となってくるのが、登場人物にディズニーキャラが含まれている事です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ディズニーはキャラクターの無断使用には大変きびしいところです。
気のはやいサークルさんは同人誌まではいかなくても便箋等のグッズを作ることが考えられますがディズニーのキャラクターがわずかでも描かれていたら著作権の侵害になりますのでご注意ください。
まだ印刷会社やイベント会社のはっきりとした見解は出ていませんが、今は出来るだけ 気をつけるようにお願いいたします」
 おいおい、同人誌印刷所最大手の会社にしてこの認識、文章力なんだから、まいっちゃうなぁ。ディズニーが権利にうるさいところであるところは誰しも認めるところであるが、「ディズニーのキャラクターがわずかでも描かれていたら著作権の侵害になります」ってどういう理屈だ? じゃ、他の会社はいいのかい? って突っ込まれることは考えていないのかしら? 先日のチェーンメールの短絡思考をわらえないよ……。



WALL-Eの同人誌について - ジェニーはティーン☆ロボット ファンブログ U.S.S.LazyArk ver.XJ9

↑2009年に断られた事例。

組合の通達を受けて各印刷所は次々とディズニーの受付を断る掲示を出した。印刷所も組合と同様に根拠に乏しく事実誤認も甚だしいが、冒頭の啓蒙サイトのようにこれらもまた根拠として用いられる。

サイト同人誌印刷・グッズ制作|同人誌印刷所の日本橋おたクラブ
現在もツイッターでたびたびディズニーの『危険性』を発信する日本橋おたクラブの言動は分量的に一番多いので参考として挙げてみる。ここが断るのならば他の印刷所に注文すればいいのでそれ自体は構わない。ところがその理由が腑に落ちないのだ。

↑サイトに一行たりとも禁止ジャンルを書いていないのだから発注が来るのも当たり前では?。どこもディズニーを禁止しているからこそ表明していない印刷所を探し回って入稿するのであってこれではまるでひっかけ問題だ。そこまで言うのならばまずきちんとサイトの注意事項に記せば済む話だ。

↑はなから馬鹿にするような「君子危うきに近づかず」の表現はさておき、他のジャンルならば「後に大きな問題になって、その問題が同人界隈全体に波及すること」は無いということだろうか?


↑SB69とはサンリオのアニメ『SHOW BY ROCK』だがサンリオは本作のみ認めるようなガイドラインを出していない。そもそもここで挙げた会社はどれも同人活動に関する規約が無い。
↑過去のツイートを検索する限りどうやら根拠は「イベントやってる」のみらしい。確かにYOUがオンリーを開催(SHOW BY ROCK!!オンリーイベント【ROCKIN' SHOWER】)するが、ならばディズニーもオンリーがすでに4つ開催されたのだから十分可能ではないのか?

サンライズ(お問い合わせ - 企業情報|SUNRISE Inc)や芳文社(画像使用・著作権について│漫画の殿堂・芳文社)のように形骸化しつつも二次創作を禁止するガイドラインを掲げる会社はいくらでもあるがそれらは構わないということだろうか?

↑生放送はログが残らないので当時のツイートを掲げる。

最初の発言を行った2016年1月13日のニコニコ生放送を見ても腑に落ちない発言ばかりであった。
どうやら任天堂については「昔の話だしなあなあで終わっている」から受け付けるらしいが、それを言ったらディズニーの自主規制も15年前、しょっちゅう挙げられるプールに至っては30年前の出来事なのでとっくに時効ではないのか。そして実際には組合加入の大手印刷所もディズニーを受けつけている。業界をご存じないのはむしろそちらではないのか?
↑まあ何を言ってもアナ雪ブーム時にはこのようなコラを公開しているので説得力に欠けるのだが。「版権ビジネス時に「考証等細かな指示が入る」」ジャンルであっても下品なコラなら企業公式アカウントが全世界に向けて発信しても構わないとのことらしいがさてはて。


puddle-版権問題について

↑ズートピアのファンアートブック(へちょっぽっち☆発行 「ズートピアファンアートブック」販売ページ - こみけも!ケモノ系同人誌委託販売サイト)の企画サイト。ポプルスに確認を取ったとのこと。

↑PICO出版のツイッターより。印刷サンプルとしてベイマックスの同人誌が用いられている。

現在でも断る印刷所があるとはいえディズニーを受けつける印刷所は増えつつある。上記のようにPICO出版はディズニーも扱うようであり、筆者が2016年夏コミ(C90)で頒布した『合衆国汽船コロンビア号』は組合に加入する緑葉社だった。「ディズニーの同人誌だが入稿できるか」との問い合わせに対して「他のジャンルと同じ扱いである。印刷所側が責任を持てないのもまた同様」との返事をいただいた。つまり同人誌印刷業組合に加入する印刷所でもディズニーを受けつけているわけで、組合の通達はとっくに形骸化している可能性があるのだ。
その一方で一旦入稿を受けつけたにもかかわらずイベント一週間前に断った印刷所(筆者のサークルに委託した知り合いの体験談)もあるので入稿の前にまずは確認をするべき。

本記事では根拠の重要性、ディズニー忌避風潮の引き金だった組合と印刷所の自主規制について触れた。
次はキングダムハーツで何が起きたかまとめる。
次:同人界隈におけるディズニー忌避風潮2:キングダムハーツで何が起きたか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント