2017/05/08

同人界隈におけるディズニー忌避風潮1:組合と印刷所の自主規制

注:本記事は「ディズニー忌避風潮がいかに根拠の薄い代物か」「ディズニーだからといって特別危険視する理由は無く条件としては他のジャンルと同じ程度」という内容であって二次創作自体の是非を論じてはいないし「何をやっても許される」とは一言も書いていない。論点をすり替えようとするのはいい加減にしなさい。

目次
1:組合と印刷所の自主規制(本記事)
1,はじめに―根拠の重要性
2,日本同人誌印刷業組合の通達
3,印刷所の対応

2:キングダムハーツで何が起きたか
4,マナーサイトによる危険論の流布
5,「ディズニーの警告メール」によるサイトの大量閉鎖
6,パイレーツオブカリビアン
7,空気の蔓延
8,スクエニの対応

3:背景と自主規制
9,背景その1 「著作権ヤクザ」イメージの流布
10,背景その2 同人誌にまつわる事件の続発
11,自主規制

4:定着の過程
12,無数の引き合い
13,「父よあなたは強かった、だから貴様も草をかめ」
14,ヒーローマン

5:公式の動向
15,スクエニの著作権に関する訴訟事例
16,実際はどうなの?

6:ディズニーというジャンル
17,「ディズニーに手を出す輩はいないから危ないと証明されている」?
18,「イメージを壊す類は許されない」?
19,総括


1,はじめに―根拠の重要性

今年4月11日にキングダムハーツは発売15周年を迎えた。それ自体はめでたいが、同人界隈におけるディズニー忌避風潮が本格化してから15年経過したことも意味する。
ディズニーとスクウェア・エニックスの合作ゲームであるキングダムハーツ。本作の発売に伴い日本同人誌印刷業組合が出した通達に従って多数の印刷所がディズニーの入稿を拒否した。それに伴い過剰な自主規制、同調圧力が多発、ディズニー危険論は暗黙の了解や疑うべくもない常識として形成されていった。なおも残る極端なディズニー忌避風潮の原因はこのゲームの周辺にあるといってよい。

アナと雪の女王やズートピア、ヴィランズの手下などの流行でうやむやになりつつあるが、現在にも確実に尾を引いている忌避風潮はなぜ定着したのか?その根源は?経緯は?根拠に値する事件があったのか?先の記事、ディズニーの同人誌は本当に危ないのか?「コミケはディズニー同人誌の頒布を禁止している」とする風説についてではいかに根拠の薄い自主規制だったか、現在に通用するものではないと記したがこれらの根本的な部分が欠けている。

ディズニー忌避風潮の原因を一言で述べると事実誤認を元にした憶測が孫引きされ続けた結果、つまり根拠の軽視が過剰な自主規制を招いた。これに尽きる。
なにしろこの15年誰も一次ソースを示していないのだ!具体な根拠はほぼプールと印刷所の自主規制のみ。警告の詳細やディズニー自身がはっきりと禁止する文面すら掲示していない。あるのだったらちゃちゃっと出せば済む話なのに全くおかしな話である。
ディズニーのイラストサイトや同人誌が存在するにもかかわらず「落書きでも容赦しない。同人誌は訴えられる」なんて言説がまかり通っていた事態ははっきり言って異常だ。即売会のカタログをめくったり目の前のパソコンで調べれば明確に事実と反しているとわかるではないか。

先の記事では一々ソースを出すのが煩わしいとする感想もあった。しかし本件の場合特にソースが無いといかに頼りなくそして異常か、ここで根拠を軽視するサイトを一つ挙げてみる。
同人グッズについてのマナーサイト【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~では警告・告訴になった例として真っ先にディズニーが挙げられているが、その記述には首をかしげるしかない。

■警告・告訴になった例 - 【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~(2013年9月14日)
2013-09-01
■警告・告訴になった例
5. 警告・告訴例
ディズニーは落書き程度でも、二次創作で配布する全てを許していない。ネット上のファンアートは許されている


当初の記述でははっきり「二次創作で配布する全てを許していない」と断言していた。しかしディズニーは一体どこで配布を禁止すると言っているのか?「落書き程度」でも禁止するのにネットで全世界に向けてファンアートを発信するのを許しているのは矛盾では?そもそも「警告・告訴例」はどこにあるのか?根拠は全く示されていないので不明だ。

■警告・告訴になった例 - 【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~
ディズニーは特に厳しいと言われており、同人誌も含め二次創作は基本的にタブーです。ネット上のファンアートであれば問題がないと思われています。
sea (id:sea_goods)
コメントありがとうございます。
表現が乱暴でしたね。失礼しました。簡潔に過ぎました。
ディズニーについては同人の印刷所では受付けて頂けない事、製作すれば明らかにネット上での火種になる事もあり、強めの表現をしています。
コメントを元に記事を修正致しました。
3年前


その後コメントで指摘されて表現は多少変化しているが内容はほぼ変わらない。「実際の事件よりも、同人界でどう思われているかに重きを置いて」いたから「全てを許していない」と表現した、つまり根拠なんて端から存在せず同人界隈の空気を理由に嘘を記したということだ。そもそも「警告のあったことを確認出来たもののみ挙げています」としながら何故憶測をトップに持ってくるのか?という根本的な疑問は解決していない。
そしてタブー扱いする空気があるからと嘘を広めても許される理由にはならない。啓蒙サイトを運営するのならなおさらだ。これが許されるのならば筆者は「ディズニーは同人誌を認めている!公認されているから何をやってもいい!」と吹聴しても構わないことになるが、そんな馬鹿なことがあってたまるか。
そもそも普通に活動できる現状を見ればタブーでもなんでもないことぐらいわかるだろうに、根拠もなく「著作権に厳しい=ファン活動も例外なく訴えられる」という極論を振り回して何が何でも危険と植えつけなくてもよかろう。そうしてむやみやたらと焚き付けるのだからタブー視され、ひいては荒らしの棍棒扱いされるのであって、火のないところに油をまいて放火するマッチポンプに他ならないことに気づくべきである。

こんな調子で15年間出典や根拠の軽視を突き通して来たからディズニー忌避風潮が定着した。であるからこそ本件については特にソースを挙げつつ記す。ひとつ話の類まで一々出典を出せとは言わないが、ここまで伝聞が浸透している場合にはなるべく根拠を示すのが義務ではないのか?

キングダムハーツ発売、ひいてはディズニー忌避風潮の本格化から15年という節目なので少しは期待したものの結局騒動の種をまいた人たちからは訂正も何もないので自分で調べたが、一つ問題がある。筆者は当時から現在までキングダムハーツをプレイすらせず2002年当時のジャンルとしてのディズニーを全く知らない。よって先人の残した記録を頼りにするしかないが、そもそもキングダムハーツ発売時の騒動についてまとまった記録は存在しない。生の声は2chにしか残っておらず晒しを頼りにInternet Archiveを探す始末、確かな根拠を知っていると称する方に聞いて回ってもまともな返事はほぼ帰ってこない有様で数少ない残骸から探し求めた結果がこの記事なので必ず誤りがあるはずだ。

事実をご存知な方はぜひとも記録を残してほしい。果てしない伝言ゲームに終止符を打ってもよい頃合いだと思うのだ。

続きを読む

2016/08/29

夏コミお礼と『合衆国汽船コロンビア号』委託告知


DSC_0172.jpg
↑サークル寝古鉢鉄工所の様子。ジェラトーニやS.E.A.紋章は『東京ディズニーシー 芸術巡りのための本―メディテレーニアンハーバー編』を委託したSeinaさん(冬コミには申し込まれたとのこと。楽しみです)の物。おかげで味気ないスペースが華やぎました。

だいぶ遅れてしまいましたがコミケ90はお疲れ様でした。売り子を手伝ってくださったSeinaさん、当スペースにお越しいただいた皆様にお礼申し上げます。
ですが、まさかの完売という事態に驚きを隠せません。一回のイベントではけた最大数がディズニーオンリー的イベントcolos EXPOの30部だったので残部を宅配するつもりでかなり大目に見積もったのですが1時過ぎには完売してしまいました。せっかくスペースにお越しいただいたのに申し訳ありません。価格はだいぶ高くなってしまいましたが委託しましたのでそちらからお求めくださると幸いです。


委託

・とらのあな
DSC_0184a.jpg
↑秋葉原A店で陳列されるコロンビア本(掲載許可済み)

とらのあなページ
【とらのあなWebSite】合衆国汽船コロンビア号
↑通販はこちら店舗では秋葉原A、池袋、名古屋、なんばで委託中とのこと
こうして自分の本が並んでいるのを見るととうとうここまで来たか…と感慨深いです。

・書泉グランデ
DSC_0200.jpg
↑5Fの同人誌ではなく船舶コーナーに配置(掲載許可済み)。右下で数々の客船書籍に紛れこむコロンビア本。

まさかあの書泉グランデに本を置いてもらう日がこようとは夢にも思いませんでした。口添えくださったまさとしさんに感謝
ここには『豪華客船の文化史』『北太平洋定期客船史』など参考文献が並んでいるので読んでほしいしできれば一緒に買ってほしいです。




『合衆国汽船コロンビア号』は世にも貴重なオーシャンライナーの同人誌(他にはWW1のカーマニアvsカップトラファルガー『白鳥の戦い』とタイタニック乗員本『MAIDEN VOYAGE OF RMS TITANIC』しか知らない)であるとともにディズニーの同人誌をこうして委託できることの証明になったはずです。
印刷所に入稿…今回は緑陽社。初めてのオフセット同人誌ということでお世話になりました。
即売会で頒布…コミケに「ディズニーの同人誌」としてサークル申し込み。
書店への委託…とらのあな、書泉グランデ。ちゃんと申し込み時にディズニーと記し概要でも伏字になっていない。
以上のように『合衆国汽船コロンビア号』を頒布したことからもディズニーの同人誌は普通のジャンルと同じく頒布することが可能、もちろん存在しないことなんてありえないわけで九割方が「存在しない」「できない」「だから危ない」と散々いらぬ茶々を入れてきた野次馬や炎上屋の言うことなんてあてにならないわけです。もうこんな余計な文章をいちいち書く必要もないぐらいには。
2016/07/31

コミケ90参加告知

なんとかコロンビア本を印刷所に入稿して発注承認されたのでその告知を。

参加イベント:2016年8月14日開催コミックマーケット90三日目
コミックマーケット90のご案内

参加スペース:西地区 "ま" ブロック 39b
5e622a81-e76e-43e2-b0f4-33011d3f2dae.png
↑サークルカット
コミケ配置
↑会場マップ
寝古鉢鉄工所の詳細 _ Comike Web Catalog
↑コミケWebカタログ

頒布物:『合衆国汽船コロンビア号』
001.jpg
↑表紙

キャプチャ1
↑目次



概要:B5版オフセット本文72ページ

内容:東京ディズニーシーにたむろする船舶の中でも一番の巨体を誇るオーシャンライナーコロンビア。アメリカンウォーターフロントの象徴であり「オーシャンライナーそのものを題材にした最高のエンターテイメント」でもあるコロンビアについてオーシャンライナーとしての特徴、バックグラウンドストーリー、実在の客船からの引用、そして製作者であるイマジニアの意図など様々な視点で考察する。

コピー本との差異:『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』からは写真の入れ替えや新規参考文献、内容の追加などで10ページ増加。



内容:芸術的、文化的さらに文学的観点から東京ディズニーシーを考察した本です。とあるイベントで発表させていただいた『絵画語りinディズニーシー メディテレーニアンハーバー編』に新たな芸術に関する内容と過去に発表させていただいた『文学でみる東京ディズニーリゾート』の一部の内容を加えています。
東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーに飾られている絵画、壁画、プロップス(置物)の意味や背景を探って、パーク、そして芸術の世界の両方をより一層楽しんでいただけたらと思っています。



カタログを探ってみてもディズニージャンルであるアニメ(その他)に評論サークルがいたのは10年以上前、しかも客船サークルを発見できなかったので艦船ということでメカミリで申し込んでみたわけですが、ディズニージャンルでもあるのにディズニー島が構成されているアニメ(その他)の一日目ではなく三日目、客船なのにメカミリの末端と中途半端な位置ですがよろしくお願いします。評論や創作のついで程度に来ていただけると幸いです。

現物については印刷所からの直接搬入で自宅への送付も14日前後でまだ紹介できません。
通販の委託先も決まりましたら随時更新します。たとえ断られても最低限自家通販はしますので「ここしか目当てがない」「夏はきつい」という方は無理しなくても大丈夫かと。

・余談
今回のコロンビア本を入稿した印刷所は初めてのオフセット本ということで手取り足取り教えていただいて本当にお世話になりました。しかもディズニーの同人誌であるが構わないかとの確認にも「18禁の修正などで突っ返すかもしれないがそれは他のジャンルと変わらない扱いであり『ディズニーだから断る』ことはない」とのお返事を頂きありがたいにもほどがあります。

例の自主規制をいまだに掲げる組合に加入しているところですが、他の印刷所(今回の印刷所含めどこも大手)もジャエルプチオンリ―を支援したりベイマックス本を印刷サンプルとして扱うなどサンライズのガイドラインと同じく形骸化していると見てよいでしょう。…今年の1月には「業界ルールを知らない小さな印刷所だったらやるかもしれないがウチは違う」とドヤ顔ツイートをした大阪のとある印刷所がいたが、井の中の蛙なんとやらということですなあ。

ごらんの通りサークルカットにはでかでかとディズニーと記し申し込み時にも「東京ディズニーシーの考察」と堂々と記入したがこうして見事当選した。昨年の1月以来「そんなに言うなら自分で出せばいいじゃないか」「声が大きいのは本を出さない外野ばかり」と無責任な野次を飛ばす人は多かったが、こうしてコミティアに引き続き出したぞ?ああん?と改めて問いただしてみたいものである。
しかも一日目のディズニー島(正確には半島のようなものか)にはベイマックスを中心にディズニーチャンネルの諸作品やモンスターズインク(3年前の絵師までもが「我々の平和は保たれた」と大喜びしたMU同人誌の自警団事案からすれば隔世の感がある)、ファッショナブルイースターに手下にヴィランズワールドとパークの二次創作、さらにミッキーマウスの三次創作までいらっしゃる。知る限りここ15年で一番賑やかな陣容となっている。
つまりろくに調べもせず「ディズニーの同人誌は存在しない」「コミケも禁止している」「だから危ない」と主張する根拠はどこにもないわけだ。まあ、そんなことを主張する輩は目の前の箱でググりもしないからそう信じているわけでこうしても何ら影響するところはないのだから好き勝手やらせていただきます。


2016/05/08

colos Expo 2016 お礼と展示の紹介

DSC_0091.jpg
↑今回のスペース。一人だけ即売会スタイルで浮いていた気がしないでもない。

本日開催のcolos EXPO 2016の当スペース「寝古鉢鉄工所」にお越しいただきありがとうございました。おかげさまで今回頒布した『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』『東京ディズニーシー実用的ではないガイド(仮)』、双方が全て持ち込んだ分が捌けました。これまでの在庫分では足らず清水の舞台から飛び降りるで増刷をかけましたが逆に足らない始末で申し訳ないです。

LT『船好きから見たS.S.COLUMBIAの魅力』も課金延長する気満々でしたがまさか5分で終わるとは思っても見ませんでした。この短時間に収めるためいささかどころではなく詰め込みすぎた感はありますが、コロンビアの魅力の一端を伝えられたらと思います。ディズニーのテーマパークは「ディズニー以外」の視点でも相当楽しめる場なんです。

展示書籍の紹介
ブースのサイズがせいぜいビッグサイト程度とぐらいと思いきや2スペース分だったので急遽穴埋めに持ってきた展示書籍をご紹介。WDI本はもちろんのこと客船の書籍もこれを機会に読んでくれたら幸いです。

CIMG6576.jpg
・Walt Disney Imagineering
毎度お馴染み、ことあるごとに宣伝している"WDI本"がこれ。
構想から建設までパークを作り上げるイマジニアリングを語るならばこれがなければ始まらない。翻訳が出る見込みはまあ薄いのでさっさと買ってしまいましょう。お値段は入園料とほぼ同じだけど一回インするより体験価値はよほど向上しますぞー!!!
・・・・・・D23EJの物販あるいはパークでサンプルとして置いていればこんなデカブツを毎度動員するまでもないのだがなあ。

CIMG6579.jpg
『豪華客船スピード競争の物語』
タイタニックのエンジン
↑翻訳者粟田亨氏のホームページ。本書の内容の紹介なので参考に。
船を走らす機関「のみ」を取り扱う趣味書は出版されたイギリスでも珍しく、ましてや日本では皆無なので翻訳が出ただけでもう奇跡といってもよい一冊。パークには本書からの出典の図面や写真が複数(例えばタートルトークの「フーサトニックの断面図」はファーターラント)見られるのでこれをはずさないわけが無い。

CIMG6577.jpg
The First Great Ocean Liners in Photographs:1897-1927
The Fabulous Interiors of the Great Ocean Liners

前者は第一次世界大戦前後、つまりコロンビアのモデルとなった時期の客船を、後者は客船のインテリアだけを題材にした写真集。
日本において客船趣味はマイナージャンルであるけれどもアメリカでは豪華本からペーパーブックまで多種多様な書籍が販売選択肢が豊富にそろっている。William H Millerによるこのシリーズは写真が大判で掲載、かつ大変リーズナブル(大抵の場合中古で1000円ぐらい)なのでオーシャンライナー入門としてうってつけ。

CIMG6578.jpg

横浜みなと博物館企画展『豪華客船インテリア画展』図録
セイリングデイブッフェに飾られるダイニングのカラースキームの参考として持参。本当は『豪華客船インテリア画集』を持ってきたかったがWDI本以上の図体で無理だったのでその代理。


・お礼と感想
※帰って勢いで書いたので書き直すかも。
CIMG6574.jpg
↑LTに聞き入る来場者。120人を超えたとか。
DSC_0098a.jpg
↑展示・物販コーナーの様子。

お互いの「好き」を発表して交流する、ejよりも“EXPO”なアルティメットディズニーファンイベント
プーやのひとりごと79 - 舞浜横丁


何はともあれLTに聞き入り、展示に見入り、アトモスに笑い、そして同志と交流する、そんな素敵な場を提供してくれた主催者の皆様にお礼を言いたいです。ディズニーは巨大ジャンルながらもファンからの発信の機会が非常に少なく、こうして積極的になれるまさに“EXPO”なイベントを一日堪能できたことは幸せなことです。

「知らなかったそんなの…」とこぼす他無いSeinaさんによる絵画に関するLT、まるで開園時のディスカバリーギフトかと思わせるいちくわさん・くわばらさんの展示などなどLT、展示を見ると人の好みは十人十色であるとつくづく実感します。どれも自分では思いもよらないものばかりでそれを楽しめる、これぞイベントの醍醐味でしょう。
そしてもちろん我がスペースにいらした方に限らず様々な方との交流。120人もいらしたわけですからもちろんごく一部だけですがお話できて楽しかったです。

ただ展示と交流に重きを置いてLTをかなり取りこぼしてしまったのが残念。本家のD23も全ての企画を見るのは無理で端から捨てにかかるしかないと聞くので、まあ、その疑似体験だと思って納得するしかあるまい。



・いろいろぶっちゃけた感想

EXPOとは、ただプレゼンテーションやショーを鑑賞する場所ではありません。
ファンが自分の好きなディズニーを見せ、交流する場所です。
でも、LTだけでは表現しきれないこともあるでしょう。
colos EXPOでは、展示・物販コーナーが登場します。
模造紙で発表したり、自作アイテムや同人誌を販売したり、要らないグッズのフリーマーケットしたり…
あなたの好きなディズニーを好きな形で広げましょう!
展示・物販コーナー - colos EXPO 2016



今回のイベント、ある意味ディズニーオンリーですよね?まあ同人誌の頒布は自分ひとりだけだったけど、ディズニーをピンポイントで排除する即売会が圧倒的に多い中上記のようにはっきりディズニーの同人誌を明言したのはここぐらいですよ!いや同人誌ばかり強調しているけどグッズだって皆さん素晴らしいものばかりでした。特に本イベントのデザイナーであるやさいさん製作の名札シールやストラップは見事です。

オンリーとは同人誌のやり取りのみに留まらずファンの交流イベントなのだから今回のイベントをディズニーオンリーと受け取っても構わないでしょう。2009年のファイアボールオンリー、今週開催されたジャエルプチオンリー、今回のcolos EXPOとこうして「ディズニーオンリー」が開催されたのだから「ディズニーの同人誌は怖い・危ない・存在しない」とはとてもじゃないが言えまい。うん?どうかね?「有り得ない」と言い切るのはもっと調べてからにしたまえ。
とはいえこんなに偉そうにいえる立場ではないかもだが。本当に有難い話です。

で、本音をぶちかますともっと他の方が書いた同人誌を読みたいわけです。18禁ばかりが同人誌扱いされるけど以前から評論はいらっしゃるしコロンビア本だって立派な評論系同人誌(すくなくともそういう評価は受けている模様。有難い話です)だ。こうして「ディズニーの同人誌は危なくない」と実証したのだからもう少し盛んになってもいいんじゃないのかな。
これは決して強要するわけではなくLTや展示など素晴らしいお話がすでに形になっているのですからもう一歩、あともう一歩が欲しいのです。
公式がやらないなら俺がやる!Do It Yourself!その意味で物理的な形として残る同人誌(もちろんグッズも)はやりがいがあるのでおすすめです。


DSC_0107.jpg
↑まさか「売切」と書く日がこようとは・・・・・・。オンリーイベント恐るべし。
2016/05/01

イベント参加告知:colos EXPO 2016

5月8日に開催されるcolos EXPO 2016に以下の二つで参加します。

・展示・物販コーナー
ブース寝古鉢鉄工所における 『合衆国汽船大西洋三軸定期船コロンビア号』と無料本『東京ディズニーシー実用的ではないガイド(仮称)』の頒布
前者は現在通販中のものと同じ版、後者は夏コミで刷る数を間違えてだだ余りした物なのですでにお持ちの方がこれ目当てにくる必要は無いかと。

・ LT(ライトニング・トーク)『15分山分け!TDSの部』
「船好きから見たS.S.COLUMBIAの魅力」
コロンビアの元ネタについてはすでにDis勉(ディズニー・夏の自由研究発表会)で発表したのでまた違った観点で話す予定です。


LTもあり、パネルディスカッションもあり、ショーもあり、展示もあり、販売もあり…
すべてのディズニーをつなぐ、いちばんおかしな1日間をお楽しみください。



EXPOとは、ただプレゼンテーションやショーを鑑賞する場所ではありません。
ファンが自分の好きなディズニーを見せ、交流する場所です。
でも、LTだけでは表現しきれないこともあるでしょう。
colos EXPOでは、展示・物販コーナーが登場します。模造紙で発表したり、自作アイテムや同人誌を販売したり、要らないグッズのフリーマーケットしたり…あなたの好きなディズニーを好きな形で広げましょう!



で、このcolos Expo2016とは、一言で表せば主催者の「D23EJよりも“EXPO”な会」 ということですが要するにディズニーオンリーみたいなものですね。曲解にもほどがありますが、コミケやコミティア、赤ブーといった大手所以外の即売会がディズニーを名指しで禁止する中このように同人誌も含んでいる、ならば参加するしかないじゃないですか。
同人誌は僕一人のようですがまあ、イベント発表が開催一ヶ月前なのでそこはしょうがないか。3月のドンパチやズートピアのリッチ・ムーア、バイロン・ハワード両監督が普通のファンアートからカップリング、擬人化までどんどん紹介する様子、5月のジャエルプチオンリーに加えて今回のイベントでいつの日か舞浜・バーバンクオンリーでも開かれたらねえ。

聴講のみでも参加登録する必要がありますが参加費はありませんのでご参加下さいませ。